ナチスNo.2カール・デーニッツについて

1 世界@名無史さん 2017/10/01(日) 23:23:01 ID:
なぜニュルンベルク裁判で死刑を免れたの?

2 世界@名無史さん 2017/10/02(月) 18:39:35 ID:
生え抜きのナチじゃないし、ヒトラー死後速攻でナチを切り捨てたしな。
あのままデーニッツ政権が続いて、戦後の再建復興をやればよかったのに。

3 世界@名無史さん 2017/10/02(月) 20:19:02 ID:
ニュルンベルクと言い東京と言い、アメリカは海軍関係者には甘いのかなぁ

4 世界@名無史さん 2017/10/02(月) 21:25:38 ID:
>>3
海軍国家だしな。

5 世界@名無史さん 2017/10/03(火) 13:45:29 ID:
イギリス国民に勝利を宣言するウィンストン・チャーチルのスピーチ「明らかな国家元首である
デーニッツ元帥」という部分は事実上、少なくとも無条件降伏の瞬間までフレンスブルク政府を当局として
認識していたことの証拠であった。しかし、連合国はフレンスブルク政府を即座に解体することを決定した。
5月20日、ソ連政府はそれまでのフレンスブルク政府について考えられていたことを白紙にした。
彼らはデーニッツ政府(彼らは「デーニッツ・ギャング」と呼んだ)がどんな権力を持つことも許さず、
どんな考えでも厳しく批判、これを攻撃した。プラウダには以下の通り記述された。
デーニッツ周辺のファシストギャングどもの威信についての議論はまだ続いており、いくつかの目立っ
た連合軍の集団はデーニッツとその協力者の「活動」を利用することを必要と考えている。イギリス議会
でこのギャングどもは「デーニッツ政府」と呼ばれている。(中略)反動的な新聞『ハースト』の記者は
デーニッツの兵籍編入を「政治的に賢明な行為」と称した。このように、ファシストの物書きどもはヒトラー
の弟子たる略奪者と協力することを正しいと考えている。同時に、ドイツの右翼が差し迫った混乱に
似たおとぎ話を作り出したとき、1918年のドイツが条件付けたことを大西洋両側のファシスト報道機関
は広めようとしている。その後、降伏の直後、無傷のドイツ軍部隊が東方で新たな冒険に使われた。
現在の政治活動にも似たようなものが存在し、連合軍の多くの反動的な集まりはクリミア会議に基づ
いた新たなヨーロッパを作ることに反対している。これらの集まりはファシスト体制の維持を考えており、
すべての自由を愛する国々の民主主義の成長を阻害する手段を取ろうとしている。・・・(後略)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF%E6%94%BF%E5%BA%9C

6 世界@名無史さん 2017/10/03(火) 13:48:00 ID:
ウイーン会談
1961年6月3日就任後まもない、ケネディとフルシチョフの頂上会談(当時はこう言った)が、ウイーンで開かれた。
この会談は結果的にはベルリン情勢がすべての会談であった。ここに、両首脳のやりとりがある。
フルシチョフ:第二次大戦を終結してもよい時期だと考える。もしアメリカが侵略的な西ドイツのやつらと共に、
この事を無視するなら、ソ連は東ドイツとだけ平和条約に調印するつもりだ。その時は、戦争状態は終わりを告げ、
ドイツ降伏の際の東西の取り決めであるベルリン占領権、通行権などは、効力を失うだろう。
ケネディ:それは、アメリカ最大の関心事だ。もし、アメリカがベルリンにおける権利の放棄を承認するなら、
アメリカの約束を誰も信用しなくなるだろう。西ベルリンを放棄すればアメリカは孤立する。それは西ベルリン市民を見殺しにし、
ドイツ再統一のすべての希望と、同盟国を失う事に成る。
フルシチョフ:ソ連が本年末までに平和条約に調印する事は誰にも止める事はできない。東ドイツの主権は尊重されるべきだ。
その主権が侵されれば、ソ連はそれを平和国家に対する侵略行為とみなすであろう。
ケネディ:その条約は西側の西ベルリンへの通行を阻害するのか?
フルシチョフ:そうだ。アメリカはどうして西ベルリンにとどまるのを望むのか?
ケネディ:我々はアメリカが過去15年も留まっていたベルリンに、これからも留まる事について話し合っているのだ。
フルシチョフ:条約によって戦争状態が終結した後に、西側が東ドイツ領内に留まるのは合法ではない。
東ドイツを侵犯した事に成る。ソ連はその侵犯を東ドイツの国境で守らなければならない。
アメリカが戦争を望むのであれば、ソ連は受けて立つ。
ケネディ:もし、それが本当なら、今年は寒い冬になるだろう。
http://www.maedafamily.com/kanren/berrin.htm

7 世界@名無史さん 2017/10/03(火) 17:43:44 ID:
>>1
デーニッツは遺言で後継者に指名されただけで
別にナンバー2でも何でもなかったじゃん
ナチスドイツの公式なナンバー2は死刑判決を受けた空軍元帥のゲーリング

8 世界@名無史さん 2017/10/03(火) 18:24:09 ID:
>>5
>デーニッツ周辺のファシストギャングどもの威信についての議論はまだ続いており、

ガウク大統領は、次のように強調しているー
「1945年5月8日、我々は解放された。我々を解放したのは、ソ連の諸民族の代表者達だったが、そればかりではない。
それゆえ、我々は、感謝と尊敬の念を示さなくてはならない。戦後ドイツが、ベルリンの壁により長い間分断されたという
事実でさえも、そうした気持ちに影響を与えるべきではない。
一部の観測筋は疑っているようだが、私には、ロシアにもロシア人に対しても問題はない。」
http://jp.sputniknews.com/europe/20150502/284616.html

9 世界@名無史さん 2017/10/04(水) 07:59:20 ID:
デーニッツってナチス党員だったっけ?

10 世界@名無史さん 2017/10/04(水) 08:01:15 ID:
デーニッツがドイツ海軍を指揮して大量虐殺をやったというような話も聞いたことが無いし。

11 世界@名無史さん 2017/10/04(水) 18:07:56 ID:
一介の武弁

12 世界@名無史さん 2017/10/06(金) 21:30:29 ID:
ゲーリングってウンコ凄い太そう

13 世界@名無史さん 2017/10/14(土) 16:15:12 ID:
ゲーリングって身内やニュルンベルク裁判を行ったものたちからは頭良いって評価されてるけど第二次世界大戦時はかなり無能じゃないか?
モルヒネのせいで思考力が低下していたのか?

14 世界@名無史さん 2017/10/14(土) 17:13:47 ID:
>>10
でもホロコーストについては
知っていたようだな。

15 世界@名無史さん 2017/10/14(土) 17:18:52 ID:
ホロコーストなんて一般市民でも知ってたぞ?

16 世界@名無史さん 2017/10/14(土) 17:21:20 ID:
>>8
まあ何はともあれ、ドイツ人はソ連軍に『感謝』してるってことだよな。

17 世界@名無史さん 2017/10/14(土) 17:24:27 ID:
デーニッツ元帥がホロコースト云々はともかく、ドイツ人はソ連軍に『感謝』してるんだよ!

18 世界@名無史さん 2017/10/14(土) 17:26:39 ID:
保身のために掌返ししてナチスやヒトラーを非難して無罪になったやつらよりはゲーリングやヘスのような潔い奴らの方が好感持てる

19 世界@名無史さん 2017/10/14(土) 23:12:44 ID:
パーペンは元々貴族的保守派でナチスやヒトラーを利用して捨てるつもりだった。
結果は逆になったが。

シャハトは経済界の利益代表で大戦末期は反ヒトラーの容疑で強制収容所行き。

どちらも生粋のナチスではないから、ヒトラーに忠義立てする必要はない。

20 世界@名無史さん 2017/10/16(月) 09:48:38 ID:
>>19
シャハトは戦犯容疑で捕まったが、結局は無罪になった。
反ヒトラー容疑で収容所行きにされたために、命拾いしたよな。

21 世界@名無史さん 2017/10/16(月) 09:56:34 ID:
イギリスから帰ってきたヘスは替え玉らしいよ

22 世界@名無史さん 2017/12/23(土) 21:29:11 ID:
ヒトラーがデーニッツを後継者指名したのはその徹底抗戦訓示を評価したため

23 世界@名無史さん 2017/12/30(土) 12:33:08 ID:
副総統「・・・」

24 世界@名無史さん 2018/01/30(火) 08:43:14 ID:
世界史のようにおもしろいかねがはいってくるさいと
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

2AR72

25 世界@名無史さん 2018/04/07(土) 12:21:04 ID:
出来れば西側とだけ講和してソ連とは戦い続けたかった

26 世界@名無史さん 2018/04/28(土) 13:29:52 ID:
【プリッツァー賞も公認】 トルーマン 議定書 CJA イルミナティ フリーメーソン マルタ騎士団
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1524877080/l50

27 世界@名無史さん 2018/04/28(土) 18:05:09 ID:
ヘスの副総統というのは正確にはナチス党の総統代理であり、
副大統領とか国家副主席のような国家のナンバー2ではない。
国家元首としてのヒトラーの後継者はモルヒネデブことゲーリング国家元帥。
ゲーリングこそがナチス帝国の皇太子。

28 世界@名無史さん 2018/05/08(火) 21:58:12 ID:
東京裁判のA級戦犯はゲーリングのような振る舞いを見せず
粛々と裁判を受けていた(約一名奇行をはたらいた人物もいたが)

29 世界@名無史さん 2018/05/09(水) 12:00:13 ID:
ゴルゴ13でゴルゴに殺されてたボルマン,
逆にゴルゴに殺しを依頼してたヘス

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼