バルカン総合スレ 2

1 世界@名無史さん 2329/04/02(火) 01:30:06 ID:
1

2 世界@名無史さん 2329/04/02(火) 02:03:09 ID:
3ゲット
何か意味ある?

3 世界@名無史さん 2329/04/02(火) 02:05:58 ID:
4とれた
意味?
意味は自分でつけるもの

4 世界@名無史さん 2329/04/02(火) 02:20:38 ID:

5 世界@名無史さん 2005/04/02(土) 22:16:58 ID:
セルビアには天然資源あるの?

6 世界@名無史さん 2005/04/02(土) 22:45:08 ID:
被害妄想にならぬように。
ここの板でもROMっているだけで、
書き込みは極小。

7 世界@名無史さん 2005/04/02(土) 22:49:30 ID:
他板の住人さんこんにちは。
この板は>>2 がつくまで数日ということもあるので2getはむなしすぎますよ。

8 世界@名無史さん 2005/04/02(土) 23:43:49 ID:
レリン かむばっく

9 世界@名無史さん 2005/04/03(日) 03:52:02 ID:
まぁ一応10ゲットなわけだが

10 世界@名無史さん 2005/04/04(月) 20:06:00 ID:
ttp://www.janjan.jp/world/0504/0503315200/1.php
バルカン半島情勢、民族主義が生み出す言葉の壁

クロアチアの映画配給会社は、今やハリウッドやフランス映画と同様、
セルビア映画に対しても字幕を付けるようになっている。ザグレブ
(クロアチアの首都)の映画館では、「こんにちは」といった表現に対して
さえ字幕が付けられる始末で、このような字幕がスクリーンに映し出される
度に、観客の失笑を買っている。
今日、クロアチアの言語学者は、クロアチア語の独自性を出すために新たな
単語の導入を試みているが、ほとんどのクロアチア人に理解されていないのが
現状だ。例えば、FAXは新表現では“dalekoumnozitelj(長距離コピー用
機械)”となる。

11 世界@名無史さん 2005/04/04(月) 20:07:00 ID:
このことに関して、ザグレブの銀行家ミリアナ・トンチッチ氏
(36歳)は、「公的なコミュニケーションでFAXという単語を
使えないとは信じられない状況です」「新しい単語を使うことには
なっているけどどうやって発音していいかさえ分からないのよ」と
IPSに語った。
他にも、ヘリコプターは今では“zrakomlat (空を切る機械)”、ハード
ディスクは“kruzno velepamtilo (大きな記憶容量を持った円形機械)”
といった具合だ。
しかし政界のエリート達は、それでも異なる民族がそれぞれの言語を
持っていくべきだと主張している。

12 世界@名無史さん 2005/04/04(月) 22:36:19 ID:
こうしてまた、民族間の距離が大きくなっていくんだな・・・・。
いい情報ありがとう!

13 世界@名無史さん 2005/04/04(月) 22:53:28 ID:
“民族浄化”ならぬ“言語浄化”だな…

14 世界@名無史さん 2005/04/05(火) 13:02:35 ID:
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20050324k0000e030073000c.html
EU:クロアチアでの戦犯摘発状況調査へ 加盟交渉延期も
【ブリュッセル福原直樹】

欧州連合(EU)は23日開いた首脳会議で、旧ユーゴ紛争の戦犯のクロアチア
での摘発状況を調査する委員会の設置を決めた。調査結果によっては、09年
に予定される同国の加盟が大幅に遅れそうだ。
同国の退役将軍、ゴトビナ被告(49)は「民族浄化」を目的に95年、同国
在住のセルビア人約150人を虐殺、15万人を追放したとして01年、
旧ユーゴ戦犯国際法廷(オランダ・ハーグ)から起訴された。だが、同被告は
一部の国民から英雄視されており、クロアチアは摘発に「消極的」(同法廷)
で、現在も逮捕されていない。
このためEUは今月17日に開始予定だったクロアチアの加盟交渉の無期限
延期を決定。調査委員会は、同国政府の関係者から聞き取り調査を行い、加盟
交渉の是非を検討する。同委は戦犯摘発を強く求める英国や、クロアチアの
早期加盟を求めるオーストリアなどで構成する。
クロアチアのサナデル首相は23日、EUに全面協力する姿勢を表明した。
EUが加盟交渉を延期したのは今回が初めてで、一連の措置は将来加盟が
確実視される旧ユーゴ諸国に対し、民主化促進を求めるEUの強い姿勢の
表れとみられる。

15 世界@名無史さん 2005/04/05(火) 13:14:41 ID:
ほう、ウラでの政治的取引もありそうだが・・・・

16 世界@名無史さん 2005/04/05(火) 17:26:20 ID:
ボスニア語やモンテネグロ語は作らないの?

17 世界@名無史さん 2005/04/05(火) 17:39:56 ID:
ベラルーシ語は廃止されたの?

18 世界@名無史さん 2005/04/05(火) 23:19:14 ID:
>>17
ボスニア語は90年代の内戦後あたりから作られてますよ。

19 世界@名無史さん 2005/04/06(水) 00:08:17 ID:
>>19
「ボスニア語」がつくられたのは1994年の春だった。
ムスリム人も、「ボシュニャク人」という民族名に変更した。

20 世界@名無史さん 2005/04/06(水) 10:10:19 ID:
脱構築かポスト構造主義のアプローチで、ユーゴ紛争を分析した本ある?

21 世界@名無史さん 2005/04/06(水) 14:23:07 ID:
>>21
スラヴォイ・ジジェク「テロルと戦争」嫁

22 世界@名無史さん 2005/04/06(水) 15:16:12 ID:
>>22
ユーゴ紛争を分析した本って言ってるだろ
文章嫁

23 世界@名無史さん 2005/04/10(日) 21:36:12 ID:
「ボスニア人」という言い方は19世紀には無かったの?19世紀にボスニア・ヘルツェゴビナ住民はなんと自称していたのですか?

24 世界@名無史さん 2005/04/10(日) 21:46:35 ID:
セルビア人かクロアチア人かトルコ人。

25 世界@名無史さん 2005/04/10(日) 23:06:09 ID:
>>24
基本的にスラブ語話者のムスリムは「トルコ人」、トルコ語話者のムスリムは
「オスマン人」、正教徒は「正教徒」、カトリックは「カトリック」と自称してた。
あるいは、住んでいる地域に準拠して「フム人」「ドーニ・クライ人」とか。

26 世界@名無史さん 2005/04/13(水) 14:42:17 ID:
スラブ語話者正教徒は「ギリシャ人」「ルーム(ローマ)人」と自称しなかったの?

27 世界@名無史さん 2005/04/15(金) 11:35:01 ID:
モンテネグロ独立

28 世界@名無史さん 2005/04/18(月) 14:08:24 ID:
465 名前:   投稿日: 01/08/28 14:17 ID:H44aizSk

>>464
モンテネグロ人は純血主義ってのはあまりないと思うよ。
一部の上の政治家が願ってるのは確かなようだけど。
モンテネグロの国民投票でも40%独立に対し55%以上が独立反対だったし。
ミロセビッチ政権が続いてるなら話は別だけど、
親欧路線のコシュトニツァに変わったことにより、以前より独立気運は
柔軟化してるよ。それにあれだけコソボに肩入れしていたアメリカやドイツは
今やマケドニア危機&加えてモンテネグロ独立(かくてのクロアチアに対してのように単独独立承認)
によるバルカン周辺諸国の民族紛争再燃を危惧し、反対している。(全くもって都合がいいが)

投票ってまだやってないんじゃ?

29 世界@名無史さん 2005/04/19(火) 21:13:29 ID:
ダルマチアは独立民族にしよう

30 世界@名無史さん 2005/04/30(土) 13:17:21 ID:
bosniaksの定まった日本語表記ってまだないんすか?
ぐぐるとボシュニャク、ボシュニャック、ボスニアック、ボスニアク、ボスニャックとか
いろいろみたいですけど

31 世界@名無史さん 2005/04/30(土) 16:35:27 ID:
2003年3月に、セルビアのジンジッチ首相が、ベオグラード中心部の首相府を
出たところで腹と背中を撃たれて死亡したが、100年前にも国王アレクサンダル
が治安部隊に暗殺されるという事件が起きている。
アレクサンダルは気まぐれで無能な暴君で、議会を解体して軍による圧政を
敷き、一方でオーストリアに媚びへつらったため国民から嫌悪されていた。
一九〇三年、ベオグラードで王の警察が市民のデモ隊に向かって発砲したこと
に怒った軍の高官らが、2カ月後、王と王妃を宮殿で殺害し、その裸の遺体を
ベッドルームの窓から投げ捨てた。
この後、ペタル1世が40年以上亡命していたスイスから戻って王位に就いた。
彼には政治の経験はなかったが、ジョン・ステュアート・ミルの『自由論』を
セルビア語に翻訳するなど、教養の高い穏健な人物だった。

32 世界@名無史さん 2005/05/09(月) 11:37:56 ID:

33 世界@名無史さん 2005/05/14(土) 15:53:12 ID:
ブルガリアはバルカンのプロイセンと呼ばれ、その尚武の精神は周辺諸国に
おそれられていた。

34 世界@名無史さん 2005/05/14(土) 18:36:03 ID:
ヨーロッパ地域でモンゴルを最初に破ったのもブルガリアだったな。

35 世界@名無史さん 2005/05/14(土) 21:03:28 ID:
ブルガリアの「尚武の精神」というのはどこからきているんだろうか。
遊牧民だったブルガール人の影響?

36 世界@名無史さん 2005/05/20(金) 16:35:33 ID:
第二次大戦中にドイツがセルビアに立てた傀儡政権の名称って何だっけ?
セルビアナントカ政府だったような・・・・

37 世界@名無史さん 2005/05/23(月) 00:53:13 ID:
クロアチア独立国?パベリッチ総統が元首だったはず。

38 世界@名無史さん 2005/05/23(月) 07:20:42 ID:
チェトニクじゃないのか。

39 カラジチ ◆mWYugocC.c 2005/05/23(月) 12:27:07 ID:
>>37-39
ネディチ政権のことでしょう。
ドイツの傀儡政権とかいう言い方しか見たことないけど……

40 世界@名無史さん 2005/05/28(土) 20:43:47 ID:
「クロアチア独立国」
正式名称は「共和国」?

41 世界@名無史さん 2005/05/29(日) 03:54:39 ID:
王国だったはずだが。
イタリア王の弟かなんかが国王になってなかったか?

42 世界@名無史さん 2005/05/30(月) 23:37:52 ID:
第二次世界大戦での、ドイツ軍VSパルチザン(ゲリラ?)の戦いについて
いろいろおせーて。

43 世界@名無史さん 2005/05/31(火) 16:24:22 ID:
悪の枢軸国に占領された東欧諸国の扱いは、
アルバニア、スロバキア、クロアチアは「独立国」という建前の扱いだったの?
チェコは「保護国」。ポーランドは全くの取り潰し。
バルト三国の扱いは?

44 世界@名無史さん 2005/05/31(火) 22:37:07 ID:
フツーにスレ違い。

45 世界@名無史さん 2005/06/01(水) 21:45:19 ID:
セルビア王家は今いずこ?

46 世界@名無史さん 2005/06/02(木) 01:59:48 ID:
セルビア・モンテネグロにいるぞ

47 カラジチ ◆mWYugocC.c 2005/06/02(木) 19:02:36 ID:
公式ページ。
http://www.royalfamily.org/index_eng.html
アメリカかイギリスにでもいるのかと思ってた。
そういや帰ってきたという報道聞いた気もするなあ。

48 世界@名無史さん 2005/06/03(金) 05:18:43 ID:
ギリシャ王家は?

49 世界@名無史さん 2005/06/03(金) 16:41:41 ID:
ルーマニア王家は?

50 世界@名無史さん 2005/06/04(土) 23:26:46 ID:
旧オスマン領にはキリスト教徒従属民族には世俗の貴族居なかったから
王はみなドイツ産

51 世界@名無史さん 2005/06/05(日) 05:50:44 ID:
セルビアはドイツ産じゃないぞ

52 世界@名無史さん 2005/06/05(日) 06:47:15 ID:
おとんがいるなら、おかんが居てもいいはず。

53 世界@名無史さん 2005/06/05(日) 14:53:01 ID:
(・∀・)オットマントルコ!! 

54 世界@名無史さん 2005/06/06(月) 03:59:20 ID:
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20050604i412.htm

【ウィーン=石黒穣】ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争時の1995年7月、イスラム教徒約8000人が犠牲になったスレブレニツァの虐殺で、
残忍な殺害場面を写したビデオが初めて公になり、これまで事件に目を背けてきたセルビア人社会にも動揺が広がっている。

 ビデオはセルビア人民兵組織がイスラム教徒の若者6人に暴行を加え、銃で殺害するまでを記録している。トラックから降ろされた
若者たちは両腕を後ろ手に縛られ、その前で銃を振りかざす民兵たちの人相もはっきりわかる。後から殺される若者が、先に殺された
仲間の遺体を運ばされる場面もある。

 ビデオは民兵自身によって撮影されたもので、ベオグラードの人権団体が入手し、旧ユーゴ戦犯国際法廷(オランダ・ハーグ)で1日、
証拠として上映された。続いて、セルビア・モンテネグロのテレビ各局でも放映され、同国の警察は4日までに、ビデオから特定された7人を逮捕した。

 ミロシェビッチ元ユーゴ大統領は、同法廷で、スレブレニッツァ虐殺をめぐってジェノサイド(集団殺害)罪を問われている。だが、セルビア人
社会には紛争時代の残虐行為を否定する空気が強く、ボスニアの元セルビア人勢力指導者カラジッチ被告ら大物戦犯が逃亡を続けられる土壌と
なっている。

(2005年6月4日20時33分 読売新聞)

55 世界@名無史さん 2005/06/06(月) 12:29:15 ID:
天皇家断絶で、リヒテンシュタインかルクセンブルク王家からの入部

56 世界@名無史さん 2005/06/06(月) 17:59:24 ID:
>>56
ハプスブルクかボナパルトから貰ってほしいなぁ。

57 世界@名無史さん 2005/06/06(月) 18:03:15 ID:
一度でも民間人に転落した家からでは駄目だと宮内庁がいうと思う

58 世界@名無史さん 2005/06/06(月) 18:07:10 ID:
大きい国、外交関係が目立つ国も拒否されるだろうから、小国からだろう。
デンマーク王家はギリギリの線

59 世界@名無史さん 2005/06/06(月) 19:52:03 ID:
むしろ天皇家からどっかの王様出してほしい。
ハンガリーに日本の皇室から国王を招聘しようって話があったとかなんとか。

60 世界@名無史さん 2005/06/06(月) 19:58:08 ID:
外国人の君主によく我慢できるなヨーロッパ人は。

61 世界@名無史さん 2005/06/07(火) 02:54:04 ID:
神輿は他所からつれてくる方が良いといえるのでわ?

62 世界@名無史さん 2005/06/07(火) 02:56:01 ID:
国際結婚しまくりで王族は全部親戚、外国人なんて感覚ないだろ

63 世界@名無史さん 2005/06/07(火) 03:02:04 ID:
むしろ感覚的には江戸時代の殿様の国替えに近いんじゃ?

64 世界@名無史さん 2005/06/07(火) 10:10:54 ID:
>>61
日本も天皇を追放して、将軍様を推戴すべきでは?
主体思想は日本人によくあっていると思います。

65 世界@名無史さん 2005/06/07(火) 10:27:47 ID:
>>65
半島人のようにどこの馬の骨ともつかない下々の血統の者を崇拝出来ない。

66 世界@名無史さん 2005/06/07(火) 10:31:33 ID:
将軍様が宇宙大将軍を称して中国と韓国とアメリカを武力併合したら考えてやってもいい

67 世界@名無史さん 2005/06/07(火) 11:51:47 ID:
>>66
王侯将相いずくんぞ種あらんや!

68 世界@名無史さん 2005/06/07(火) 11:54:01 ID:
>>67
候景の2番煎じですね!!!1223

69 世界@名無史さん 2005/06/07(火) 12:01:19 ID:
よーくかんがえよーちすじはだいじだよー

てか藻前ら両班だとか、姓が同じなら結婚しないくせに馬の骨の将軍崇拝するな

70 世界@名無史さん 2005/06/07(火) 12:20:09 ID:
バンカンスレに半島ネタが入るとよくスレが伸びる事・・・・・

71 世界@名無史さん 2005/06/08(水) 17:43:56 ID:
じゃあバルカン半島と東アジアはどっちが民度が高いか語ろうか

72 世界@名無史さん 2005/06/11(土) 23:24:51 ID:
モンテネグロはイタリア語

73 世界@名無史さん 2005/06/17(金) 21:12:10 ID:
バルカンの歴史について調べていたら「リブルニア人」という言葉に
ぶつかったんですが、これはどういう民族ですか?

74 世界@名無史さん 2005/06/18(土) 05:03:51 ID:

75 カラジチ ◆mWYugocC.c 2005/06/28(火) 06:33:20 ID:
今日はヴィドヴダンですよヴィドヴダン!

>>73
イタリア語で「黒い」はネグロではなかったと思う。

76 世界@名無史さん 2005/06/29(水) 00:35:49 ID:
>>72
民度、ってどうやって計るのか?

ブルの選挙は予想通りだったわけだが、良い選択だったのかな?

77 世界@名無史さん 2005/07/03(日) 15:46:23 ID:
アルバニア関連スレ最後の生き残りだった
「エンベル・ホッジャ」スレまでいつの間にか落ちてたよ・・・
もう単独でスレ立つような地域じゃないのかなあorz

78 世界@名無史さん 2005/07/13(水) 10:19:17 ID:
中世のバルカンについてはみんな興味なし?
近現代関連のカキコばっかり続いているけど。

79 世界@名無史さん 2005/07/13(水) 12:49:23 ID:
>>79
ブルガリア第2帝国が独立したとき主力になって戦ったのはクマン人とヴラフ人で、
ブルガリア人がその間何をしていたのかはよく分からない、という話を何かで読んだ。

80 世界@名無史さん 2005/07/13(水) 21:47:09 ID:
>>80
ペタルやアッセン自体、クマン人もしくはヴラフ人だしね。
彼らがボリスやシメオンの国家の後継者を名乗ったので「第二次ブルガリア
帝国」と呼ばれるんだけど。

81 世界@名無史さん 2005/07/15(金) 20:11:33 ID:
ワラキアを建国したバサラブ公もクマン人だとか言われてるらしい。
ルーマニア人の書いた本では「よしんば彼の名がクマン系であったとしても
彼の愛国心に変わりはないのである」とか苦しい言い訳をしてたが。

82 世界@名無史さん 2005/07/16(土) 00:08:10 ID:
>>82
そーいやモルドヴァ公国を建国したのもヴラフ人のボグダンだったな。

83 世界@名無史さん 2005/07/16(土) 17:19:08 ID:
だいたいドナウ川の北ってワラキア、モルダヴィアができるまでは
ずっとクマン人やモンゴル人といった遊牧民の支配下だよな。
当時のヴラフ人も馬に乗って弓矢で戦ってたらしい。

84 世界@名無史さん 2005/07/16(土) 22:15:44 ID:
アヴァール人は、中国とサーサーン朝の影響を受けて、ブルガール人やスラヴ人
よりも進んでいたらすぃ。
アヴァール人の社会は諸制度、組織された軍隊、王あるいは可汗を持っていた。
アヴァール人はビザンツやランゴバルドやフランクと条約を結んだが、この時期の
スラヴ人は政治的なまとまりがなく、外交交渉や条約を結んだ例が無い。

85 世界@名無史さん 2005/07/19(火) 20:26:41 ID:
第一次ブルガリア帝国のペタルは、ロマノス・レカペノスの孫娘マリア・レカペナ
と結婚した。ちなみにペタルはシメオンの次男で、長男のミハイルは、理由は
わからないが修道院に監禁され、のちに修道院から脱走して西ブルガリアで
反乱を起こしている。

86 世界@名無史さん 2005/07/20(水) 23:51:10 ID:
ブルガリア王カロヤンはギリシア系?

87 世界@名無史さん 2005/07/21(木) 00:02:26 ID:
>>56 モナコ新大公の甥っ子もらうと
腐女子が喜ぶと思うぞ

88 世界@名無史さん 2005/07/21(木) 12:56:38 ID:
ブルガリア、リラの修道院
ttp://wallpapers.bulhosting.com/wallpapers/RilaMonastery1280x1024.jpg
ttp://images.encarta.msn.com/xrefmedia/sharemed/targets/images/pho/t047/T047929A.jpg
ttp://www.astro.amu.edu.pl/~voyager/BULGARIA/BGfoty/rila_monastery.jpg
ttp://www.astro.amu.edu.pl/~voyager/BULGARIA/BGfoty/rila_monastery5.jpg

10世紀にイヴァン・リルスキーという修道士がリラ山中の洞窟で隠遁生活に
入ったことがこの修道院の起源。
第二次ブルガリア帝国の時代には税を免除されるなどの特権を与えられた。

89 世界@名無史さん 2005/07/21(木) 13:02:40 ID:
ブルガリア、イヴァノヴォの岩窟聖堂群のフレスコ画
ttp://www.grapesunlimited.com/images/Bul-History-Photos/Ivanovo_Church.jpg
ttp://www.bsc.rousse.bg/rousse/rlom/g_12.jpg
ttp://www.bulgariatravel.org/images/gthumb_1294.jpg

13~14世紀、第二次ブルガリア帝国時代に描かれたもの。
ここは13世紀前半にブルガリア正教会がギリシア正教会から独立したあと、
巡礼地として栄えた。

90 世界@名無史さん 2005/07/22(金) 13:57:52 ID:
正教の絵ってちょっと怖いよね

91 世界@名無史さん 2005/07/22(金) 21:40:57 ID:
>>91
東方正教会の聖堂の内部は暗いから、よけいに怖く感じるのかな?
それと、イエス・キリストが、威厳に満ちたきりっとした表情で描かれている。
(ギリシアのダフニ修道院とかがその典型)

92 世界@名無史さん 2005/07/23(土) 19:49:24 ID:
セルビアでは11世紀にディオクリア(ゼータ)の支配者ミハイロが、ビザンツ
帝国に反抗してローマ教皇から戴冠されている。
この王国の政治の中心はスクタリで、教会の中心はバールだった。

93 世界@名無史さん 2005/07/27(水) 22:02:47 ID:
モンテネグロとセルビアが異なった「国」である理由は何処にあるのですか?
「トルコに支配されずに残っていたセルビア人」ということ?

94 カラジチ ◆mWYugocC.c 2005/07/28(木) 10:55:11 ID:
・言葉が違う(ということにしようと今必死なのでそっとしておいてやってください)。
・教会組織が違う、あるいは違っていた。
とか。

95 世界@名無史さん 2005/07/28(木) 11:33:50 ID:
ミロシェビッチはモンテネグロの出身。

96 世界@名無史さん 2005/07/28(木) 19:38:46 ID:
モンテネグロ出身のセルビア人?

97 世界@名無史さん 2005/07/29(金) 11:14:28 ID:
もともとアルバニア人だったのがスラブ化したとか、というの?

98 カラジチ ◆mWYugocC.c 2005/07/30(土) 10:19:12 ID:
もうちょっとまじめに検討するか……

モンテネグロは>>94氏の言うように、オスマン朝に征服されることなく第一次大戦を迎えた。
1918年にセルビア・クロアチア・スロヴェニア王国に統合。
モンテネグロ王は1922年まで名目的に王号を保持したけど、結局放棄したらしい。
たぶんこの時点で政治的統一体としてのモンテネグロは消滅。
(ひょっとすると1929年の改革の時かも。どちらにせよWWII前には「モンテネグロ」はなかった。)

だから、モンテネグロが連邦内の国として成立するのには、チトー政権にそういう意図があったんだと思われ。
というのも、ユーゴ王国ではセルビア人人口が他を圧倒していたというのが、政治的不能に陥った一番の原因だったので。
(くわえて、選挙制度が悪かったというのもある。まあ、セルビア人に有利な選挙制だった。)
チトー政権はセルビアの力を制限する方向に共和国編成を行ったふしがあって、
・マケドニア共和国を認める(VMROとユーゴ共産党の協力があったからでもある)、
・ボスニア・ヘルツェゴヴィナを独立した共和国と認める、
・セルビア国内にヴォィヴォディナ、コソヴォの2自治州を作る、
・その一方でクロアチア国内に自治州を作る案は却下
といった具合で、多分セルビアとそれ以外のバランスを取ろうとしたのだと思う。
その結果が、セルビア国外のセルビア人をどうするのかが問題になって紛争に突入するわけだけども。
独立国家がある、言語が違うなどの理由もさることながら、こういった政治的判断が大きかったんじゃないかと。

>>96-97
ユーゴの人口統計では「モンテネグロ人」という種別がなかった、はず。
いつからあるようになったのかはちょっと今調べつかなかったけど。

>>98
むしろ中世にセルビアが中心としていたのは、今のモンテネグロからコソヴォ、マケドニアにかけて。
アルバニア人の方が新参かと。

99 世界@名無史さん 2005/07/30(土) 13:19:38 ID:
VMROに居た関係者はユーゴ共産党に全員合流?

100 世界@名無史さん 2005/07/30(土) 17:49:25 ID:
でも今はモンテネグロ人意識ってちゃんとあるんだよね?ミロシェビッチの自意識としてはどうなんだろ。
モンテネグロ住民の間でもセルビア人意識をめぐって対立とかないんかな?

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼