【極悪残忍】三浦正充警視総監(前警察庁次長)の催眠ガス強姦

1 名無しさんの主張 2018/10/29(月) 09:28:58 ID:
【極悪残忍】三浦正充警視総監 (前警察庁次長)が推進する
女子中学生が主要対象の催眠ガス強姦

<被害者 女子中学生の実態>
●夜、寝ている時に強姦被害に遭い、目を覚ましてから被害に気付く。
●担当の警察官に付き添われ、容疑者の尾行監視などの捜査に長時間、何度も従事させ
 られる。
●容疑者を監視する施設に寝泊まりすると、いつも被害に遭って目覚める。付き添いの
 警察官は、その度に容疑者の「あの男が侵入したとしか考えられない」と言う。
●容疑者を監視する施設にいると、別の警察官が来て「被害の調査、検証」などと言われ
 度たび、セックスを強制(強姦)される。「捜査中の事は口外すると法律で罰せられる」
 とか「人に話すとニュースになって学校中に知れ渡る」と言われ家族にも何も言えない。
●そのうち、担当の警察官も「あの男から守ってやっている。これぐらいいいだろ」とか
 「あの男から守るにはこうするしかない」と言いセックスばかりする様になる。
●「偉い人が調べに来るから、良く体を調べてもらえ」などと言われ、学校を休んで警察官
 達とセックスばかりしている。

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼