「イジメ」というのは、マルクス主義の社会システムです。

1 注釈の人 2018/09/02(日) 12:28:08 ID:
「イジメ」というのは、マルクス主義の社会システムです。今の世はマルクス主義に支配されています。これを読めばイジメで自殺するのが馬鹿らしくなりますよ。

下記のスレをご覧下さい。

マルクス主義の洗脳方法 part2
https://2ch.live/cache/view/kyousan/1520148033

今の世の中は、職場から学校の中にいたるまで、マルクス主義と呼ばれる「嫌がらせ役」と「懐柔役」という役目を分けて人を懐柔しようとする組織によって支配されています。
このリンク先の書き込みを読んだら、例え私の書き込みを信じたとしても、私の書き込みを信じていないフリをして下さい。
マルクス主義の批判者である私「注釈の人」こと荒谷直人に賛成意見など述べたら、ますます職場や学校でのイジメが酷くなるからです。
ネットに匿名性がかるなんて嘘ですからね。
アクセスした時点で、プロバイダからしてマルクス主義の関係者なので、書き込んだ人のIPアドレスが把握されます。
リンク先を見て下さい。
私が33年前のマルクス主義の「イジメ」の事を書いた直後から、彼らの情報工作員によって、スレが非常に荒らされているのが解ると思います。
私に絡んできている、このマルクス主義の情報工作員の書き込み。
これを見ているあなたが、職場や学校でイジメを受けた際の中傷に似ていませんか?
属している組織の上層部が同じ組織だと、「懐柔役」に誘導する為の「嫌がらせ役」の言い回しも同じ言い方になります。
なんせ、同じ「嫌がらせマニュアル」を読んでいる訳ですからね。

2 注釈の人 2018/09/02(日) 12:30:52 ID:
>>1

私「注釈の人」こと荒谷直人は、これを見ている皆さんに、上から目線で「助ける」とか「救ってみせる」などと、マルクス主義の「懐柔役」が好む台詞は言いません。
私は彼らマルクス主義者が用意した「懐柔役」でないですからね。
私が、私と同じ時間を経験している皆さんを助けたくても、今のマルクス主義が支配する世の中では直接助けるのは不可能ですから。
だから「戦う方法」を教えます。
紹介した、この「マルクス主義の洗脳方法」という情報を拡散させて下さい。
この情報が拡散すると、彼らは「イジメ」という嫌がらせ行為によって「懐柔役」へと誘導出来なくなります。
これだけで、マルクス主義という嘘をつく事しか能のない詐欺思想を相手に、一騎当千の戦い方が出来ますよ。
今のマルクス主義が支配するこの時代、「自分を助けられるのは自分だけ」です。
自分一人分のその力を信じて下さい。
これを読んでいるあなたは、イジめられても会社や学校に行けるほど強いです。
1クラス約50人。
その人数が作り出すプレッシャーに負けないほどに。
私もマルクス主義の「ご近所さん達」に毎日、嫌がらせを受けていますが、学生時代に多人数を相手に慣れていますからね。
50人を相手にするのも、世界中のマルクス主義者を相手にするのも、そんなに大した違いはありませんよ。

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼