【男性】女性が求める“普通の男性”像は『星野源』!? 「ハードルが高すぎる!」と嘆くキミにひと言[12/15]

1 逢いみての… ★ 2020/12/15(火) 23:47:34 ID:
―[カリスマ男の娘・大島薫]―

 見た目は美女で心は男。カリスマ男の娘・大島薫。男女の色恋、社会の矛盾、LGBTの無理解――男心と女心の双方を併せ持つ“彼”の目から見た、世の中のフシギとは?

 先日12月9日に「グッとラック!」(TBS系)で放送された内容が、SNSなどで話題になっている。

 この日の特集は「婚活女性が定義する『普通の男性』に物議」との銘打ち、その中で恋愛コンサルタントの男性にインタビューを行った。各女性の相談を受けるうちに完成したという「普通の男性像」の定義に、世間の男性たちから批難の声が上がった。

 その際に上がった内容を下記に箇条書きさせていただく。

見た目
・165センチ以上 体重60~80キロ
・星野源さんのイメージ
・ジム通い

清潔感
・化粧水をつけて就寝
・鼻毛が出てない
・ヒゲ・爪が整っている
・美容室は月1、2回

学歴・仕事
・日大・東洋大・駒澤大・専修大 以上など
・都内在住→年収500万円以上
・地方在住→銀行など大手企業か公務員

 放送終了後も普通の男性の基準が「星野源」という例えに、「ハードルが高すぎる……」とインターネットでは男性たちの嘆きの声が広がっていた。

 ちなみにこの話題に対して、当の女性側の意見でも「たしかにこれを『普通』に挙げる女性は求め過ぎかも……」と考えている人もいるようだ。

 しかし、男性である筆者としては、「基準としては、こんなものじゃない……?」と思っている。つまり、否定的に見ていないということだ。

 僕は23歳のころに男性の見た目から、女性の見た目へと移行を開始した。女性ホルモンや手術をしていないので、相変わらず胸などはないのだが、正直いわなきゃバレないレベルにはなっていると思う。

 だが、最初のころは大変だった。まずメイクなんてしたこともないから、雑誌を読んで勉強して、それでもアイラインをグチャグチャに引いてしまったり、シャドーが濃すぎてパンダみたいになったりもした。

 また男性から女性の格好をする上で、ムダ毛処理なんかも必要だろう。毎日毛を剃っていたら色素沈着ができてしまい、結局脱毛を受けることにした。トータルで100万円くらいはかかったのではないだろうか。

 また綺麗な髪の毛だって一朝一夕では作れない。それこそ女性だって手入れを怠れば髪はバサバサになるし、良い匂いなんてものもしない。

「そんな面倒なのに、なぜ女性の格好をするの?」

 それは僕自身についていえば、その苦労を差し引いても、好きな格好でいたいからだ。ただ、では本当に毎日好きでできているかというと、それは微妙だ。

 先ほどいわなければ女性に見えると書いたが、例えば僕が仮に「スカートは穿きたい、髪の毛も伸ばしたい、メイクもしたい。だけど、ムダ毛は剃りたくない」と思っていたとしよう。しかし、ほとんど女性に見える格好に、ムダ毛だけ剃らずに街中を歩けば「え、あの人常識ないな」と思われることだろう。

 また『女性は人前に出るときはメイクをしなければいけない』という暗黙の了解もあったりする。会社でメイクやヒール靴が、会社規約として強制されているところもある。だから、僕も化粧が面倒くさい日でも、メイクをしなければいけない日がある。

 男性だってスーツ着たくない日に、スーツを着なきゃいけないこともあるから、これについては理解できるだろう。

 この格好になって7年が経つが、一時期この「女性として見られる限り、一生美を磨かなければいけない空気」に耐えかねて、大事に伸ばした髪も、好きな服装も辞めて、男性の格好に戻ってしまおうかと思ったこともあった。

 そんなとき、ふとこう思ったのだ。

「僕は男性の格好に戻ることができるけど、多くの女性はその選択肢すらないんだよな……」と。

続く

以下ソース
https://nikkan-spa.jp/1721944

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/

2 逢いみての… ★ 2020/12/15(火) 23:48:05 ID:
 話を戻そう。

 で、先ほど「男性だってスーツ着たくない日に、スーツを着なきゃいけないこともあるだろう」と書いたが、思うに女性はこの『身だしなみのマナー』が男性より多すぎると思うのだ。

 男性の格好から女性の格好をしてみて、僕がまず感じるのは朝の支度の時間が2倍になったことだろう。男性のときはヒゲを剃って髪の毛を整えるくらいだったが、いまはそれに加えてメイクが入るし、毛については脱毛をしているとはいえ多少は生えるので、全身剃らなければいけない。

 これを会社によっては『マナー』といって強要されるのだから、身だしなみ手当でもなきゃやってらんないよなと思う。

 女性が考える、もしくは女性に求められる身だしなみの基準というのをご理解いただいた上で、先ほどの『普通の男性』の身だしなみレベルを思い出してもらいたい。

清潔感
・化粧水をつけて就寝
・鼻毛が出てない
・ヒゲ・爪が整っている
・美容室は月1、2回

 こんなのは女性の最低限レベルであって、女性はここからさらに『できるだけ美しく』と求められるのだ。見た目についても同じことがいえるだろう。

見た目
・165センチ以上 体重60~80キロ
・星野源さんのイメージ
・ジム通い

 星野源さんという基準はキャッチー過ぎるが、ジム通いなどを見るにやはり『少しは見た目に気をつかってよ』という意見が見えてくる。女性がダイエットしたり、美容に気をつかったりする『当たり前』の基準が、男性からすると高すぎるように見えるだけで、筆者なんかはむしろ、男性が見た目に無頓着過ぎるんだよなと思うのだ。

 そもそも「あらゆる女性の普通の基準」をこの婚活コンサルタントの男性が『合体』させてしまったのが問題なわけで、一人の女性が挙げる『普通の男性』でも、全ての女性の総意としての『普通の男性』でもないことを忘れてはいけない。

 それを踏まえて仕事の面も見てみよう。

学歴・仕事
・日大・東洋大・駒澤大・専修大 以上など
・都内在住→年収500万円以上
・地方在住→銀行など大手企業か公務員

 この年収500万円以上にひっかかってる男性も多いようだが、これについて都内の30代の平均年収は600万円というデータを挙げている記事がある。(婚活女性のいう「普通の男性」年収500万円以上はどんな人?)

 この「年収500万円」と挙げた女性たちが、20代の男性にそれを求めているのか、40代の男性に求めているのかわからない時点で、『普通の基準が高すぎる』という点では議論のしようがない。

 ちなみに、前述の例の星野源さんの年齢は39歳なので、星野源さんくらいの年の都内在住の男性はクリアしてるのが平均ということになる。

 一番に理解しておかなければいけないのは、これは「結婚したい女性のイメージする『普通の基準』であって、男はこうでなくてはならないという基準ではない」ということだ。

 例えば僕が仮に女性だったとして、婚活コンサルに誰か紹介してもらったとしよう。

「その方の見た目は……あ、結構髪の毛ボサボサでヒゲもモジャモジャで、お風呂は三日に一回入る感じなんですね。えっと……お仕事は……あ、年収200万ですか……。話は面白いのかな? ……ええっ、傲慢なんですか……?」

 というような人を例に出されたとして、「そういう男性は死ね!」なんてことは思わないが、「結婚相手にはしたくないなあ……」くらいは思うだろう。そんな男性と結婚していても、女性は外に出るときはメイクしなきゃいけないし、普段から髪の手入れをしなきゃいけない、ダイエットしなきゃいけないと世間から押し付けられるのだから、不平等に思うのは当たり前だとしかいえない。

 むしろ僕は見た目の欄の「165センチ以上 体重60~80キロ」などを見ていると、むしろ恋愛対象に入ってくる男性の基準が昔より下がってないか? とすら思う。僕の思春期時代の十五年前ほどは「172㎝以下は男として見れなーい」なんて風潮もあった。上の世代の方ならバブル期の「高学歴」、「高収入」、「高身長」という3高という言葉も記憶にあるだろう。

 だから、モテたい、結婚したい男性はこの話題をポジティブに捉えるべきだ。清潔感なんて

・化粧水をつけて就寝
・鼻毛が出てない
・ヒゲ・爪が整っている
・美容室は月1、2回

 これだけクリアすれば恋愛対象に入ってくるんだから、できないことはないだろう。男性とも恋愛ができる筆者からすれば、これらの要素に「会話が成立する」「高圧的ではない」なども見た目以外の最低限の基準に入れたいくらいだ。

3 逢いみての… ★ 2020/12/15(火) 23:48:13 ID:
「これだから女は現実が見えてない」だの「女は求め過ぎ」だの否定ばかりするのではなく、一度「じゃあ、ちょっと女性のいう通りの努力をしてみようか」と思ったらいいではないか。否定ばかりしている男性はモテない典型だ。

 我々男性に必要なことは、女性の主張をまず「受け入れる」ということ。そうして見えてくることは必ずあるはずだ。

4 夜更かしなピンクさん 2020/12/15(火) 23:55:56 ID:
K-POPの影響か朝鮮人が好きなんだ

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼