【社会】出生率が激減し国力が低下 「国民が年をとった」という悲しい現実 コロナショックで浮き彫りに[10/08]

1 逢いみての… ★ 2020/10/08(木) 23:24:50 ID:
―[失業率10%]の恐怖―

 4~6月期のGDP改定値は戦後最悪の前期比年率マイナス28.1%を記録(8日、内閣府発表)。もはや誰しも“失職”は他人事ではない。働き盛りの10人に1人が失業者となったとき、考えられるのが少子化・人口減少だ。国が総崩れする懸念さえある中、我々はどのように生きてゆくべきなのか? ベストセラー『未来の年表』の著者である河合雅司氏に話を聞いた。

 住宅ローン破綻や生活保護の受給など、失業率が高まることで苦しい思いをする人たちが多く出てしまうのは残念ながら避けられません。ですが、私がそれ以上に懸念しているのは中長期的な損失。危険信号がともっていた日本の少子化・人口減少に拍車がかかり、経済危機から脱するための国力そのものが失われてしまうことです。

 コロナ禍であまり報道されませんでしたが、昨年の合計特殊出生率は1.36に激減。そこに失業率10%、賃下げなどが重なると、さらなる低下が避けられません。

 失業者の増加で出生率が急激に下がると、将来の働き手・消費者が激減し国内マーケットはより加速度を増して縮小します。一方、オイルショックや東日本大震災、リーマン・ショックと、日本はこれまで何度も経済危機を乗り越えてきましたが、それらと今回が大きく異なるのは「国民が年をとった」という悲しい現実なんです。

 出生率が今のペースで推移しても今後20年で1400万人もの働き手が減るとされていたわけですから、失業率10%でこれ以上出生率が激減すると、いよいよ国として総崩れする懸念さえ出てきます。

 その一方、私は失業率の高まりそのものは1~2年で収束するのでは、と見ています。

 今後1000万人以上も働き手が消えていく時代に、職業さえ選ばなければ働き口がなくなるなんてことはあり得ません。介護や農業のように外国人労働者で穴埋めしなければならないほど慢性的な人手不足で悩んでいた業種は数多あります。もちろん、収入が下がる可能性はきわめて大きいですが、兼業・副業も視野に入れるべきです。

 厳しい言い方になってしまいますが、そもそも今回失業を余儀なくされた人たちは、コロナがなければ一生その会社で働けていたのかと問われると疑わしい。

 昨年から「黒字リストラ」が目立ってきていましたが、一部の企業はすでに人口減少によってマーケットが縮小することを見越し、企業のスリム化を目論んでいました。遅かれ早かれ、労働者はどこかで「終身雇用は幻想」だと受け入れ、“産業構造の変化”の波に乗るしかなかったのです。

 一時的な失業者の増加で社会パニックは起きるでしょうが、労働者はこのコロナ大失業時代を「70歳まで働くための転換点」と捉えるべきです。「今までやったことのない仕事に自分の能力をどう活かせるのか」ということをいち早く真剣に考えた人が、失業率10%時代をチャンスに変えられるのではないでしょうか。

以下ソース
https://nikkan-spa.jp/1695517

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/

2 夜更かしなピンクさん 2020/10/08(木) 23:31:57 ID:
消費税もお給料から引かれる所得税も住民税も上がっているので貯金もできない。結婚もできないな。。余計に国力が低下します。

3 夜更かしなピンクさん 2020/10/08(木) 23:36:27 ID:
AVでは大量のザーメンが消費されてるというのに・・・

4 夜更かしなピンクさん 2020/10/08(木) 23:38:33 ID:
日本人は今のうちに移民の方々に頭を下げる練習をしておいた方がいい

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼