【話題】夫に好きな人ができました でも「肉体関係はいらない」って言うんです… 会話だけで満足なんてあり得る?[08/16]

1 逢いみての… ★ 2020/08/16(日) 01:29:41 ID:
 夫に好きな人ができました。27歳年下の子で、会話をしているだけで癒される、その全てが可愛い、俺の天使だ、会話をしてるだけで十分満足だから肉体関係などは必要ない、と言います。

 一緒にいてもセックスをしたいという感情が湧かないと言っていますが、毎日夫の言動を観察している私から見ると、そんなに惚れてるのになぜその子とセックスしたいと思わないのかと不思議です。

 女の子も夫のことが好きと言っているそうです。お互いに好きの感情があるのに会話だけで満足というのはかなり高尚な世界に達しているのでしょうか?

森林の回答

 この相談文にはご夫妻の年齢が書かれていませんので、27歳下の女性がいくつなのか特定できないのですが、セックスをしてもおかしくない年齢と考えると20代以上と思われます。それに伴い、夫さんは50歳前後かそれ以上となり、相談者のあなたはその女性と同世代ではなく夫さんの年齢に近いと想定します。

 なぜ年齢のことを具体的に考えたかといいますと、一般的傾向として、年齢に伴い性欲のあり方が男女ともに変わるからです。男性器の機能は、10代20代をピークに50代に向けて下がっていきます。早い人だと30代で、遅い人だと70代で勃起力が弱まります。それに合わせ、挿入欲という性欲も弱くなります。

 ただし、接触欲や関係欲といった性欲があり続ける、もしくは増していくことが往々にしてあります。性欲の多様さがあなたを混乱させる要因の1つでしょう。それぞれの特徴を説明しますので、整理するのに役立ててください。少し堅苦しい話になりますが、イメージ的に捉えていただければ充分です。

(1) 挿入欲(肉体的快感)

 男性器を女性器ないしそれに準ずる器官(肛門)に挿入し、男性器からの刺激で肉体的快感を得たいと思う欲求。挿入するには男性器が膨張し硬くなる(勃起)ことが必要であり、その時は平常時より感覚が敏感になる。

 快感を与えてくれる器官(女性器、肛門)が快感の象徴となり、性的欲求を喚起する存在となる。多くの男性が持つ“女性器”への憧れは、秘密性とともに、そこが強い快を予感させるからである。

(2) 射精欲(肉体的快感)

 勃起状態での刺激を受け、快感が次第に高まっていきあるレベルを超えると精液を排出する(射精)。その瞬間は、男性が感じる肉体的快感の中で最も強いとされる。なので、それを強く望む生理的欲求を持つ。

 女性からすると、挿入欲と射精欲はセットと思われるかもしれないが、自律神経の状態からいっても別のものである。勃起するには副交感神経が優位でなければならないが、射精の瞬間には交感神経が優位になる。この違いが、射精コントロールの難しさを生み出している。

 副交感神経が優位である(勃起状態)ということは、リラックスしている状態である。この時に、強く意思を働かせたり、プレッシャーを感じると途端に交感神経が優位になり中折れ(勃起の中断)してしまう。

 なので、射精のタイミングをコントロールするには、リラックスした状態を維持しつつ(勃起の継続)、自動的に交感神経が優位に切り替わる(射精の前兆感)のを瞬時に察知し制御しなければならない。その時に意識を強く働かせると萎えてしまったり、少しでも遅れると中途半端な射精をしてしまう。

 挿入と射精は必ずしもセットではないので、挿入欲はないが射精欲がある場合は、自慰や挿入以外の性的行為(フェラチオ、手コキなど)を望む。このようになるには何かしらの経験から、女性器や肛門に対する憧れが弱かったり、嫌悪感や恐怖心を持っていることも多い。

 逆の挿入欲はあるが射精欲はない場合は、次に挙げる関係欲と同類のことが多い。

続く

以下ソース
https://joshi-spa.jp/1025405

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/

2 逢いみての… ★ 2020/08/16(日) 01:29:58 ID:
(3) 関係欲(思考的快感)

 性的な行為を通し、相手と何かしらの関係性を築いたり、関係性の確証を得たいと思う欲求。そこで生まれる関係性は、社会的なもの(恋人、夫婦)、概念的なもの(支配、一体化、服従)などがある。

(3) 関係欲(思考的快感) 挿入は他者の身体の内部に侵入する行為(身体境界線の侵犯)であるので、侵略、支配、汚す、同化といった意味を見出しやすい。この傾向は、避妊をしない挿入行為の方が、行為後にも相手の体に関与し続けられる可能性が高いので強くなる。肉体的快感以上に、行為に見出す意味合いから得られる思考的快感が強いところが特徴。

 また、それらの関係性を通し、自己肯定感やアイデンティティーを確立していく欲求(承認欲求)もある。例えば、性の対象になることで自身の女性性を強く感じるケースなどである。この時、女性という物体として求められていることと、内面的な部分も含む個人として求められていることは意味が違うが、混同してしまいがちである。

 感情より経済的視点を優先させた結婚におけるセックスは、肉体を物体と捉え、差し出す、獲得といった交換的意味になりやすい。妻の肉体を自分の所有物と考えている夫、それを当然のことと思っている妻は、一見うまくいっている夫妻に見えるが、感情を持つ人間を物化しているので、セックスの満足度に差が開きやすい。しかし、愛という抽象的な言葉を使って、そこに気づかないように目くらましされている。

 また、射精場所へのこだわりによって見出される意味は変わり、AVでよく見られる顔射は、性的に汚れたことを象徴している。職業をイメージさせる衣装への射精は、記号的で概念的要素が強い。いずれにしても、射精する側の一方的な思い込みであることが多い。

(4)接触欲(原始的快感)

 赤ちゃんが母親に抱っこされて感じている快と同様な、原始的な快感を得たいと思う欲求。接触する場所は、口、頬、手足、肌、目といった性器以外の所で、性器同士による接触に比べると穏やかで優しい快感である。言葉にすると、落ち着くや幸せといった表現になる。相対的に弱い快感なので、性器を重視する考えが強いとそちらに気を取られ見落とされてしまう傾向にある。

 以上が男性の性欲の分類です。おそらく、夫さんが相手の女性に抱いている欲求は、(3)関係欲だと思われます。思考的快感なので、挿入行為がなくとも何らかのつながりが見出されれば快や喜びを感じます。これを高尚といえるのかというと、素直に認めることはできません。

 何故かと言えば、どのような会話をしているかによるからです。比喩や詩的な表現を使いウィットに富んだ知的な会話をしていれば高尚と捉えられますが、もしかしたらすごく陳腐な恋愛ごっこをしているだけかもしれません。天使という表現は、プラトニックラブに酔いしれている当事者がよく使うものですが、僕にはその天使という表現がどうも陳腐な響きに感じられるのです。

 天使とは神の使いです。無垢で無邪気で純粋なイメージです。夫さんからすると、その女性はそういったイメージなのでしょう。でも、そんな女性いますでしょうか? その女性を見たことも話したこともない僕が言うのもなんですが、二十歳を過ぎて無垢で無邪気で純粋な女性はただの世間知らずか、中身のないお人形さんです。

 恋とは、自分の思い込みを相手に押し付けるものですが、今回のようなケースは現実をありのまま受け取らず、何重にもフィルターをかけて見ているとしか思えません。

 そして、27歳年上の既婚者に向けていう「好き」もリアリティーがありません。彼女は彼女で、夫さんに何かしらのイメージを見出しているのでしょう。典型的な例でいえば、父親像です。

 父娘の関係に似た好意を寄せ合っているだけという事はよくあります。その場合、当然ですがセックスは求めません。恋なら相手を欲します。自分のものにしたいと思い、それが叶わなければ嫉妬や執着に苦しみます。一方、愛なら、相手をあるがままに受け入れ、相手をコントロールしようとすることなく、相手の幸せを願います。

 夫さん達のは、愛ではないのはもちろん、恋ですらない。疑似親子ごっこをしているだけではないでしょうか。それは、知性や精神的成熟を身に付ける以前の状態の人に多い事例です。

続く

3 逢いみての… ★ 2020/08/16(日) 01:30:08 ID:
 それよりも、今回の相談の本当の問題はあなたの気持ちが書かれていないところです。夫に好きな人ができたという状態を、客観的に捉えようとしています。当事者であるのだから何かしら感情の動きがあるはずなのに、そこの自覚がないようです。もしかしたらあるのかもしれませんが、それを言語化し自覚していくのを避けているのかもしれません。

 夫に好きな人ができたと聞いたとき、あなたはどのように感じましたか。

 傷つきましたか? 寂しかったですか? 虚しかったですか? 馬鹿にされてると思いませんでしたか? もしかしたら、付き合いも長く恋愛感情は一切ないのかも知れません。でもだとしたら、このように僕に相談してくるでしょうか。夫さんの真意を考えますでしょうか。そんな人の言動を毎日観察するでしょうか。恋愛感情ではなくても、人生を共に歩む伴侶としての信頼が揺らいではいませんか。ちょっと考えてみてください。

 僕の考えすぎかもしれませんが、あなたは自分の気持ちを後回しにする癖がついている気がします。それは日常の生活を過ごしやすくするコツですが、1日を大切に生きているわけではなくやり過ごしているだけです。欲望や感情を持ち、それを認め、発散し、叶えていくことが生きがいとなります。

 そして、その欲望や感情は、他者と接していく中で生まれるものです。あなたの感情を動かす人は誰ですか? あなたに欲望を抱かせる人は誰ですか? 生きていくことは、他者と繋がっていくことです。そこには傷つきもありますが、喜びもあります。挿入を伴うセックスをする必要はありませんが、誰かと触れ合う喜びは必要なものだと僕は確信しています。

 今度は、夫さんの話ではなく、あなたの話を聞かせて下さい。幸せなら幸せと教えてください。寂しかったり、何もわからなくなっているなら、そう打ち明けてください。きっとその時にあなたの人生は動きだし、その先にある1日1日を積み重ねていくと、結果的に幸福な人生になると思います。高尚は素晴らしい境地ですが、結果的にたどりつくものであり、目指すものではありません。夫さんとその女性はもちろん、あなたがたご夫妻の関係性も、今時点では高尚とは言えません。

https://joshi-spa.jp/wp-content/uploads/2019/11/moribayasi191107.jpg
森林原人さん

4 夜更かしなピンクさん 2020/08/16(日) 01:43:46 ID:
呆れるくらい回りくどくてムダな情報の多い回答だな…
質問者も変だが回答者もズレてる

5 夜更かしなピンクさん 2020/08/16(日) 01:54:53 ID:
早速荒らされてると思ったら唯の記事でした

京都風に言えば「好きな人が出来ました(だから別れよう!あ!互いの合意で離婚なので慰謝料は無しで!家は俺が買ったんで俺のもん)」

6 夜更かしなピンクさん 2020/08/16(日) 01:56:46 ID:
よほどの名器でないかぎりオナホやオナニーのほうが気持ちええし

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼