【恋愛】「ゆるゆるだ」 ひどい言葉を言ってくる男とどうしても別れられません… 私は愛されていないのでしょうか?[06/19]

1 逢いみての… ★ 2020/06/19(金) 01:08:48 ID:
相談者:匿名・40歳・独身

はじめまして。私は離婚歴一回、子供なしの40歳独身の女です。最近不倫ですが52歳の男性と度々会って体の関係を持っています。出会って3ヶ月、その彼は初めこそすごく優しかったのですが、最近「ゆるゆる」「ガバガバ」「臭い」という言葉をはかれます。

それに対して自分でも色々調べて努力は重ねてきました。でも、耐えかねて「別れたい」と言っても、「俺のカラダを忘れられないだろう!なくなってほんとにいいのか?!」と問い詰められ、寂しさもある私はその度に自分から謝って許してもらって離れられずにいます。

でも正直、罵倒されるのはとてもツラく、こんな思いをするなら一生一人の方がまだいいとわかってはいるものの、離れている時間はマメにメールや愛の言葉をくれます。

でもやはり、これは本当に愛されてはいないのでしょうか?今まではどちらかと言うとサバサバした性格と言われてきたほうです。40歳でこんなご相談をするのはお恥ずかしいんですが、私がおかしいんでしょうか?

森林の回答

勇気を出して相談してくれてありがとう。男女の事は2人の問題だから、と自分たちだけで、もしくは自分1人でなんとかしようとしがちですが、誰かに相談することがすごく大切です。相談することで自分の内面が少なからず整理されるし、回答から客観的な視点を知ることになります。それらによって、自分の中に芽生えている違和感や疑問に確信が持てます。

自分が思った感情(好き・嫌い)や感覚(しっくり感・違和感)を素直に信じれられればいいのですが、なかなかそれができないから第三者に相談し打ち明けることが大切なのです。回答の中で僕が説明することをあなたが受け入れるか、それとも違和感を持ち聞き流すかはあなたの自由ですから好きなようにしてください。とにかく自分の感覚を信じることだけは心がけてみてください。

まずは、愛の定義を説明します。愛とは、「相手のことが好きで、肉体的、精神的、またはその両方で近づきたいと望みつつ、その人の意思や感情を尊重し、自分の望みに沿わなかったとしても相手のあるがままを受け入れること」です。ポイントは、相手を欲しいと思う“欲望”と、相手のあるがままを認める“理性”が対立せず、矛盾のまま両立しているところです。コントロールしたい気持ちと、そのコントロールを手放す成熟した精神(自他の尊重)が備わらないと愛することはできません。

この定義からすると、彼はあなたを愛していません。あなたも彼を愛していません。2人は支配関係にあります。それは共依存と言われる状態です。支配というのは、する側とされる側が存在するから成立する関係です。どちらか一方だけでは成立しません。一方の存在がもう一方の立場を保障するので、相互に依存しているわけです。

彼はあなたを支配することで、自分の優位性を確保し「俺は素晴らしい優れた男なんだ」と思い込めます。あなたは彼の支配下に入ることで、上辺の寂しさを克服し、誰かに必要とされていると思い込めます。自分の存在を認めるために相手を必要(利用と言ってもいいぐらい)としていますが、本質的な部分で相手を受け入れている(認めている)わけではありません。なぜなら、その相手でなければ成立しないわけではなく、代わりの人でも済むからです。

特に彼は、あなたを人ではなくモノとして扱っています。そこにあなたは違和感を持ち、傷ついています。おそらくあなたは、今まで付き合った人からそんなひどい仕打ちを受けたことはないのでしょう。そして、責任感が強いから相手を悪者にせず自分の落ち度として、女性器の改善に取り組んだわけです。

でも僕からすれば、女性器にダメ出しする男はクズです。自分のセックスの下手さ、感度の鈍さを棚の上の上の上にまで上げる自分勝手なエゴイストです。基本的に、ゆるゆる、ガバガバはありません。僕も仕事上、女性器の素晴らしい名器女優さんは誰ですか?といったアンケートに答えますが、それはファンタジーの世界での話です。ぶっちゃけみんな気持ちいいです。

続く

以下ソース
https://joshi-spa.jp/1013729

2 逢いみての… ★ 2020/06/19(金) 01:08:58 ID:
気持ち良くない(途中で萎えてしまう、なかなかイケない)時は、相手に理由があるのではなく、僕自身の方に問題があります。10,000人と体験した上で断言します。名器かどうかは相手の能力や素質ではなく、男性側の体調や気分次第です。

あなたと彼の間にあるのが愛ではなく支配で、彼はあなたをモノ扱いしています。あなたは傷つけられているけれど、愛を勘違いしているからモノになり切ろうとしてしまい、自分の感情を素直に認められない仕組みに飲み込まれているのです。

あなたがすべきは、彼の言動で傷つけられ、悲しんでいる、苦しんでいる、辛くなっていることを素直にそのまま認めることです。できたら泣いちゃうまでとことん認めるのがいいです。涙を流すことで、自分の辛さを噛み締めることができます。泣いていいんだよ、だってひどいもんその男。

そんな男相手に頑張った自分を労ってあげてください。そして鏡に向かい、「よくがんばったね。でももういいよ。やめよ」って言ってあげてください。

あなたが人質にとられているのは、寂しさです。離婚を経験し、40代という人生の折り返し地点の状態で、広いこの世界で一人ぼっちになるのは不安でしょう。でもみんな一人ぼっちですよ。それは人間は1人1人独立した存在だから、根本的に孤独です。

誰かと一緒にいるときに感じているのは孤独ではなく寂しさです。あなたは、誰もが持っている孤独感を認め、向き合っていく必要があります。それは、誰かから認められていない、大切にされていないと感じる寂しさとは別の話です。2人でいる時に感じる寂しさは心をむしばみ、1人でいる時に感じる孤独は心を成長させます。

今のあなたは心をむしばまれているから、ちょっとだけおかしくなっているのかもしれません。でも大丈夫、そんな時は誰にでもあるから。あなたを傷つけている原因が誰だかわかっているんだから、その人からは離れるのです。傷つける人と一緒にいることで成長することはありません。成長させてくれるのは、厳しかったとしてもあるがままのあなたを認め、寄り添い、見守ってくれる人です。

彼は違うでしょう。彼みたいな人は、誰かを支配したり攻撃することでしか自分を保てない弱い人です。だからあなたが離れていかないようにマメにメールしたり、甘い言葉も使うわけです。彼の弱さを認めた上で寄り添いたいと思うのなら、あなたは彼を愛しています。そうだったとしたら僕は本当に余計なお節介をしています。

自分の気持ちに素直になり、どうしていくのか、どうするのが自分を大切にすることなのか、考えてみて下さい。自分を愛することができていなければ誰かを愛することができない、といわれるのは、自分のあるがままを認められなければ相手だけを大切にすることになり、それはただの自己犠牲です。自分と相手を同じように大切にした先に愛があります。

https://joshi-spa.jp/wp-content/uploads/2019/11/moribayasi191107.jpg
森林原人さん

3 夜更かしなピンクさん 2020/06/19(金) 01:11:07 ID:
サイコパスとエンパスの関係だね。
うん。
愛されてないよ。利用されてるだけ。

4 夜更かしなピンクさん 2020/06/19(金) 01:11:15 ID:
だって40なんて
ゆるゆるでがばがばで臭いやん?

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼