【社会】「みんなが…」という言い方で押し通そうとする“卑怯” 正義ヅラした屁理屈 『ネットリンチ』と『自粛警察』の共通点は?

1 逢いみての… ★ 2020/06/01(月) 00:06:56 ID:
 リアリティショー『テラスハウス』の出演者・木村花さんがSNSでの誹謗中傷を受けて亡くなったとされる一件で、今、「言葉の暴力」が問題視されている。コロナショックにおいても感染者や医療関係者への誹謗中傷、あるいは飲食店やライブハウスに警告の張り紙をする「自粛警察」などが問題となった。

 現代社会に蔓延するのはウイルスだけではない。この「言葉の暴力」から身を守るためには、どうすればいいのか?

 『屁理屈に負けない!悪意ある言葉から身を守る方法』を上梓した慶應丸の内シティキャンパスのシニアコンサルタント・桑畑幸博氏は、「他人を攻撃する悪意の言葉には、屁理屈や詭弁といった卑劣なテクニックが使われている」と語る。

 ロジカルシンキングのプロでありSNSウォッチャーでもある桑畑氏が、その卑劣な手法の見抜き方をレクチャーする。(以下、桑畑氏解説)

 SNSでの誹謗中傷、ヘイトスピーチ、デマの拡散に限らず、職場でのパワハラ、セクハラ、家庭でのモラハラなど、現代社会には「言葉の暴力」が溢れ返っています。

 他人を攻撃することで、自分の思うように抑圧し、コントロールしようとする――その悪意の言葉の多くには、乱暴な主張を押し通すために「屁理屈」や「詭弁」というテクニックが使われています。

 屁理屈の「屁」には、「屁とも思わない」という表現のように「値打ちのないもの、つまらないもの」という意味があります。つまり、誹謗中傷やヘイトスピーチ、ハラスメントなどは、本来は何の値打ちもない、つまらない主張であるわけです。

 しかし、それを見抜くことができなければ、丸め込まれたり、デマに踊らされたり、時には傷つき自分を否定してしまう。これは紛れもない悲劇です。

 では、屁理屈の何が卑劣であるか? 具体例を見ていきます。

 先日、リアリティショーに出演していた木村花さんが命を絶つという痛ましい出来事がありました。SNSで彼女を攻撃していた人々が口にしていたのが、「あなたがいなくなればみんながハッピーになる」、「番組のために消えてほしい」といった言葉です。

 この「みんな」、「番組のため」という言葉に、私たちは気をつけなくてはなりません。あたかも「みんな」や「番組」といった大きな主語の代弁者であるかのように語っていますが、その多くは、実は単なる個人的な偏見や感情に過ぎないからです。

 単なる偏見や感情に基づく乱暴なロジックを「みんな」という数の力で押し通そうとする。こうした屁理屈を、論理学では「多数論証」と呼びます。

 「みんなそう言っている」と言われると反論しにくい空気が生まれますが、みんなそう言っているから正しいとは限らない、数の力が正しいとは限らないのは、ナチスドイツなどの歴史を振り返れば明らかです。

 大切なのは、主張の中身であるはずです。しかし、暴論や感情論を他人に押し付けたい時に、「みんな」という大きな主語を使って、その主張があたかも正しいかのように粉飾する。これは、とても卑怯なやり方です。

 同様に、自粛警察の人々は「みんな頑張っているのに、自粛しないとは何事だ!」と主張し、きちんとルールに則って営業している店に張り紙をしたりします。これも単に個人的な新型コロナウイルスへの不安や“気に食わない”という感情を、「みんな」という言葉であたかも正義であるかのように粉飾し、他者を攻撃しているわけです。

 コロナショックのような恐慌時は、特にこの多数論証が蔓延するので気をつけなくてはなりません。

続く

以下ソース
https://nikkan-spa.jp/1670872

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/

2 逢いみての… ★ 2020/06/01(月) 00:07:13 ID:
 「みんな」という言葉で他人を攻撃する主張に出会った時、それが本当に一般論なのか単なる個人的な偏見なのか、まずは見極める必要があります。「みんな」とは誰を指すのかを明らかにし、その上で、本人の主張の中身に着目する。

 もし、「みんな」が実は個人の偏見やある特定の集団である場合は、「値打ちのない、つまらない主張=屁理屈」として黙殺すべきですし、仮にみんなが一般論であっても、自分なりの意見やロジックがない空疎な主張であれば、それもわざわざ取り合う価値はありません。

 一方、「番組のため」というような大義名分を前置きした上で、誹謗中傷など乱暴な主張を押し付けるテクニックを「同情論証」と呼びます。自粛警察の場合は、「日本のため」、「社会のため」という大義名分に置き換わりますが、同じ構造です。

 同情論証においては、「子供たちのため」「差別をなくすため」といった言葉がよく使用されます。誰もが感情的に否定できず、同情、共感するであろう大義名分を掲げることで反論できない空気を作り、その後に暴論や偏見に過ぎない主張を展開する。

 アメリカの国民的アニメ『ザ・シンプソンズ』に登場するヘレン・ラブジョイというキャラクターがこの屁理屈を多用するため、転じて「ラブジョイの法則」とも呼ばれています。

 勘違いして頂きたくないのが、私は「子供たちのため」「差別をなくすため」という理念自体を否定しているのではありません。むしろ、非常に尊いものだと思っています。しかし、だからこそ同情論証は危険なのです。理念が尊いからこそ、暴論であってもまかり通ってしまう危険性があるのです。

 さらに同情論証の厄介な点があります。それは、正義感や思い込みから、この屁理屈を無意識に使ってしまう人が少なくないことです。例えば、自粛警察の人々は、自分たちの行動が本当に社会のためと思い込んでいます。

 しかし、そこには重大な情報や認識の欠落があるのも事実です。

 コロナショックにおける影響には個人差があり、自粛していても生活が成り立つ人と経済的な死に直結する人では、そもそもの立場や前提条件が異なります。本当は感染リスクも経済リスクも同等に語るべきなのに、感染リスクばかりを煽る情報に触れているうちに、「何かなんでも自粛するのが正義」と思い込むようになってしまう。

 偏った情報に触れるうちに、偏った正義感から同情論証で一方的な主張を押し付けるようになる。これは、私たち誰もが気をつけるべきリスクです。

 このように厄介な同情論証。そこから身を守るには、まず「○○のために」という言葉を省いて、相手の主張が何であるかを確認することです。

 例えば「子供たちのために」という理念については誰も否定しませんから、その部分は早々に同意すればいい。同様に、過激な自粛警察の「社会のために徹底した自粛を」という主張に対しては、「社会のために」という部分には「私もそう思います」と共感してしまう。その上で、「社会のためを考えれば、感染リスクだけでなく、経済リスクも考慮すべきです」と新たな論点を提示すればいいのです。※これはあくまで議論の場での対応であり、SNSなどで同情論証を駆使した主張に出会った場合、「つまらない屁理屈」としてまともに取り合う必要はありません。

 このように一方的で乱暴な主張を、姑息なテクニックによって無理矢理押し付けようとする「言葉の暴力」。

 今回は「多数論証」と「同情論証」の2つを紹介しましたが、ほかにも「わら人形論法」「連座の誤謬」「前件否定の虚偽」など数多くのテクニックがあります。こうした屁理屈はSNSだけでなく、国会答弁やワイドショーのコメントなどにも散見され、中には議論のプロでさえ気づかずに丸め込まれてしまうほど巧妙なものもあります。

 ですから、言葉の暴力から身を守るためには、まずそうしたテクニックを知り、見抜く力を養うこと。そして、ソーシャルディスタンス同様に“屁のような理屈=何の値打ちもないつまらない主張”とは冷静に距離を取っていくことが大切になっていくでしょう。

3 夜更かしなピンクさん 2020/06/01(月) 00:17:15 ID:
マスコミの演出が事件化することは、この件に限らない。
ある演出を作りだし、小石を投げさせる。
すると、必ず、その中から本当に巨石を投げる奴が出てくる。

出演者はコロッセオの中に居る様なもんだ。
背景を作りだしたフジテレビの責任は重い。

4 夜更かしなピンクさん 2020/06/01(月) 00:18:30 ID:
最良の結果を得るために合理的なモラルを守ろうと言ってる人にまで「自粛警察」とか呼んでるような、自分の正義振りかざすバカが多くなったな。

経済のために多少の犠牲はやむえないので自粛解除せよ?
あんたにとっては多少でも
死んだ人にとってはそれが全部なんやで。

「経済で死ぬだろ」っていって脅して金儲けしたがる犯罪者をたたく自粛警察がもっと必要だと思うわ。
誰も経済なんかでは死なない。リーマンの時も経済で死んだのではない。
資金繰り出来なかった人が落ちぶれるのを受け入れられずに自殺したのだから。
現実ではコロナで自殺者が減った。↓
新型コロナ騒動で日本の自殺者が減少、ステイホームのおかげで3か月連続、自殺者は大幅に減少★4
https://2ch.live/cache/view/newsplus/1589339042

むしろ自粛解除して経済再生していくときにまた元の社会環境が嫌になって、例年より自殺者増える可能性がある。
人類の一番の伝染病は、「働いて経済成長を追い求めなければいけないという強迫観念」だったとさ。

「自粛疲れ」って言葉も刷り込みでしかない。
疲れてなどいない人はたくさんいる.
むしろ楽しくなったり産業の変化で豊かになった人もいる。

「自粛疲れ」、「元どおりになる時まで頑張ろう」etc..
こういう言葉は「コロナでの変化=ダメな事」「元の社会に戻るのがいい」っていう既得権側にとって都合のいい刷り込み。
人の命より金稼ぎを優先する狂った世界が再び始まると、自殺者がまた増えるぞ。



「俺を批判するな犯」vs「自粛警察」ならあきらかに自粛警察に正当性があるので犯人側に勝ち目はないよ。
モラルを守ろうと呼びかける人に、
「自粛警察」「正義マン」
とかいってる泥棒が多いね。
「自粛警察」などといって、独りよがりな正義感を振り回しているほうこそ警察の真似事だろ。
我欲を押し通すためにモラハラをしてるだけだ。
彼らは自粛をする空気をこわして感染拡大しても、一切責任とらないで逃げるだろうよ。
↓これまでのように。

「インフルエンザと同じレベルなので騒ぎ過ぎ」→最高レベルの対策を国をあげてやっても各国で死者数万、アメリカは死者10万人以上
「検査すると医療崩壊する」→ 嘘だとエビデンスが出て敗北。
「死者数はごまかせない」→ コロナ検査されていないのでコロナの本当の死者は分からないと東京都が回答。
「経済での自殺者のほうが多くなる」→むしろ自殺者は減った。

いつもバカなこと言ってた彼らは今、
「自粛警察は社会を委縮させている。経済優先しろ。」
世界の主流は検査をして徹底隔離と治療なのに、今頃検査拡大すると爆発的に感染者が見つかるので、
「検査する必要はない」といっている。

自警団に向かって「自粛警察」と言ってる泥棒が多くなった。
泥棒が善人のフリして警察のふりをしている感じだね。
彼ら泥棒はもし感染者が再び増加しても一切責任とらない。
それこそ悪人がのさばる息苦しい世の中だよ。

最良の結果を得るために合理的なモラルを守ろうと言ってる人にまで「自粛警察」とか呼んでるような、自分の正義振りかざすバカが多くなったな。

5 夜更かしなピンクさん 2020/06/01(月) 00:22:03 ID:
マスゴミはよく「若者は」とか「女子高生に人気」とか1括りにして捏造するよな

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼