【レバノン】 暗殺の「陰謀を感じる」…レバノン首相が辞意[11/05]

1 朝一から閉店までφ ★ 2017/11/05(日) 05:49:54 ID:
2017年11月05日 00時09分
 【カイロ=本間圭一】レバノンのハリリ首相は、4日放映された中東のテレビ局「アル・アラビーヤ」を通じ、辞意を表明した。

 首相は「私の命を奪おうとする陰謀を感じる」と述べ、暗殺の可能性に言及した。地元メディアによると、首相は現在、サウジアラビアを訪問中で、同テレビ局はサウジと関係が近い。

 ハリリ氏はテレビ演説で「レバノンはイランからひどい扱いを受け続けている」とイランを批判した。
サウジ派のハリリ氏は昨年12月に政権を発足させた際、イランに近いイスラム教シーア派組織ヒズボラ系の閣僚を受け入れ、国内融和を図った。
だが、隣国シリアの内戦で、サウジと敵対するイランやヒズボラの影響力が拡大し、政権維持に危機感を抱いた可能性がある。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

 http://www.yomiuri.co.jp/world/20171104-OYT1T50089.html

2017年11月05日 00時09分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼