P「今度は響がコーラ飲んじゃったのか?」

1 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/05(土) 23:56:26 ID:CO1OkQh10
この話は
http://vipper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1441292794/l50?v=pc
の続きになります
よろしければどうぞ

2 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/05(土) 23:58:59 ID:CO1OkQh10
亜美「…はい」

真美「…ごめんなさい」

ひびき「びぇぇぇぇえん‼︎」

3 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/05(土) 23:59:28 ID:CO1OkQh10
~回想~
亜美「ひーびきん♪」

真美「おーはよ♪」

響「お、亜美、真美、はいさい‼︎」

亜美「ひびきん、喉乾かない?」

真美「コーラ一緒に飲もーよー」

4 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:00:27 ID:5R/MiWFb0
響「え?いいのか?いただきまーす‼︎」ゴクゴク

亜美(んっふっふ~、バカめひびきん‼︎)
真美(それはピヨちゃんの机の中にあったコーラなのだ‼︎)
亜美(さぁ、小さくなれ‼︎)

5 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:00:57 ID:5R/MiWFb0
ボンッ
響「ぬひゃあ⁉︎」
モクモクモクモク

ひびき「⁉︎」

亜美「やったー‼︎」

真美「大成功‼︎」

6 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:01:48 ID:5R/MiWFb0
亜美「可愛がられるのもいーけどー…」

真美「やっぱ可愛いものを可愛いがりたいよね‼︎」

亜美「ってことで…」

亜美真美「「 ひーびきん♪あーそぼ♪」」

7 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:02:17 ID:5R/MiWFb0
ひびき「だ、だりぇ?」

亜美「あり?」

真美「ひびきん、真美たちのことわかんないの?」

ひびき「あ、ありぇ?ここどこだぁ⁉︎いきなりへんなとこに…びぇぇぇぇえん‼︎」

8 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:03:32 ID:5R/MiWFb0
真美「うわぁ⁉︎ひびきん‼︎泣かないでよぉ‼︎」

ひびき「びぇぇぇぇえん‼︎」

亜美「真美‼︎おかしいよ‼︎前のと全然違うよぉ‼︎」

真美「何で記憶までなくなってるの⁉︎」

亜美「もしかして…ひびきんこのまま戻らないんじゃ…」

真美「えぇぇぇ⁉︎そんなぁ⁉︎」

9 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:04:03 ID:5R/MiWFb0
ひびき「びぇぇぇぇえん‼︎」

亜美「亜美たち…大変なことしちゃったんじゃ…」

真美「…うぐぅ…」

ひびき「びぇぇぇぇえん‼︎」

亜美「…えっぐ…」

ひびき「びぇぇぇぇえん‼︎」

亜美真美ひびき「「「びぇぇぇぇえん‼︎」」」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

10 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:05:04 ID:5R/MiWFb0
P「うるさいから来てみれば…」

亜美「だってぇ…」

P「…こないだ変に許したから俺も悪いんだけど、普通に考えて中学一年生がこんな危険な薬品を面白半分で使ったらダメだろう?」

真美「はぁい…」

亜美「ごめんなさい…」

ひびき「びぇぇぇぇえん‼︎」

11 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:05:37 ID:5R/MiWFb0
真美「兄ちゃぁん…真美たちはどうなってもいいから、ひびきんを治してあげて…」

亜美「亜美たちどんな罰でもうけるよぉ…」

P「まぁ反省してるようだな…しかし小鳥さんも小鳥さんだな…なんで薬渡しちゃうんだよ…」

12 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:06:41 ID:5R/MiWFb0
亜美「それはね…」

真美「このみきひび本と交換(無断)したの…」

P「…お前らのお仕置きのレベルが上がったよ…」

亜美「そ、そういえばひびきん泣き止んだね‼︎」

ひびき「すぴー」

真美「泣き疲れちゃったのかな⁉︎」

P「話をそらすなよ…とりあえず小鳥さんに聞いてこよう」

13 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:07:15 ID:5R/MiWFb0
小鳥「まぁ、そんなことになってたの…亜美ちゃん‼︎真美ちゃん‼︎勝手に人の机から薬取っちゃダメでしょ‼︎」

亜美真美「「はぁい…」」

小鳥「この薬は今までのとはちょっと違うのよ?この薬を飲むと一旦精神・記憶・身体の全てが幼児化しちゃうの。薬がなくても1日で元に戻るけど、幼児化したさいに覚えたことが反映されるから、主に刷り込み教育に使われるものなのよ‼︎」

P「いや、小鳥さんそもそもなんでそんな薬を持ってきてるんですか?」

14 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:08:15 ID:5R/MiWFb0
小鳥「ピヨ?」

P「今までみんな気づいてませんけど、冷静に考えて幼児化する薬なんて危険極まりないですよ?そんな危険な薬品の管理がずさん過ぎるし、そもそも何のためにそんなものを…」

小鳥「アンチエイジ…」

P「それはもう通りませんよ…」

15 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:08:47 ID:5R/MiWFb0
真美「兄ちゃーん、ピヨちゃんの机の引き出しにこんなのが入ってたよ‼︎」

源氏物語

P「…」
小鳥「…」

P「…小鳥さん…」

小鳥「…ごめんなさい」

16 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:09:39 ID:5R/MiWFb0
律子「『…と言うわけで1日経てば元に戻るらしい、でも響は独り暮らしだからな、誰か泊めてあげてくれ』…以上がプロデューサーからの伝言よ…」

ひびき「だじょ‼︎だじょ‼︎」

美希「またエラい爆弾を放り込んでくれたの…」

17 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:10:30 ID:5R/MiWFb0
真「響はともかく、響の家族はどうするんですか?ペットだけじゃ何かと…」

ひびき「はみゅじょうにゃらだいじょうぶだじょ‼︎」

真「そうなの?」

律子「とりあえず、それは春香がハム蔵に説明してくれてるわ」

18 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:11:31 ID:5R/MiWFb0
春香「…というわけでお願いできるかな?」

ハム蔵「ヂュヂュイヂュイ‼︎」

春香「本当ごめんね…」

ハム蔵「ヂュイ‼︎」

春香「…いや、そうは言っても…」

美希「何で会話できてるの?」

律子「声が似てるからじゃない?」

19 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:12:06 ID:5R/MiWFb0
律子「そんなことよりよ‼︎響を1日預かる話だけど…」

全員「…」

真(小鳥さんが言うには、今の響は色んなことをドンドン吸い込む状態…)

伊織(すなわちここで響に好意を抱かせることに成功すれば…)

全員(響(ちゃん)は自分のものに‼︎)

美希(とか思ってるはずなの…)

20 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:13:29 ID:qeFnvEtPa
いいゾ

21 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:14:30 ID:5R/MiWFb0
美希(それはミキが阻止するの‼︎けしてミキが響とイチャイチャしたいからとかじゃないの‼︎)

律子「…やりたい人」

全員「はい‼︎」

律子「やっぱりね…」

春香「…ちょっと、亜美真美はなしじゃないかな?」

雪歩「…そうだよ、原因を作った2人には任せられないよ…」

美希(この2人に任すのも大概心配なの…)

22 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:15:12 ID:5R/MiWFb0
亜美「亜美たちめっちゃ反省したんだよ~‼︎」

真美「むしろ、原因を作っちゃったから責任取らなきゃいけないっしよー‼︎」
亜美(けしてひびきんを手篭めにしたいとかじゃないよ‼︎)
真美(ひびきんと仲良くなりたいだけだよ‼︎)

23 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:16:16 ID:5R/MiWFb0
律子「…そう言うだろうと思ったわ。とりあえず私たち全員、1人じゃ育児なんて無理でしょ?二人組を作りなさい。」

24 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:16:47 ID:5R/MiWFb0
律子「みんな、組んだわね?」

律子・あずさペア
美希・貴音ペア
亜美・真美ペア
伊織・真ペア
春香・雪歩ペア
千早・やよいペア

美希(一組ほど、絶対に任せちゃダメなペアがいるの‼︎)

25 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:18:01 ID:5R/MiWFb0
律子「さて、組んでみたけど…ここは一番大人な私たち2人に任せるべきじゃないかしら?」

あずさ「そうね~、言ってもみんな子供だものね~」

伊織(あずさを引き入れた時点でそうくるとは思ってたわよ、律子…)

あずさ「ほーら、響ちゃんだってこんなに懐いてくれてるわぁ~」ナデナデ

ひびき「だじょ~…」トロンッ

26 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:22:46 ID:5R/MiWFb0
律子(あずささんの溢れ出る母性を利用しない手はないわ。この勝負、貰ったわよ‼︎)

美希「異議ありなの‼︎」

律子あずさ「「⁉︎」」

美希「律子…さんも、あずさも歳上って言ってもまだまだ子供がいるような歳じゃないの‼︎そこは関係ないって思うな‼︎」

貴音「加えて、私たちふぇありーには確かな絆があります。響をいやらしい目で見ているあなた方に任せるよりはよっぽど安全かと…」

春香「そんな言い方っ‼︎」

雪歩「酷いですぅ‼︎」

美希(どの口が言ってるの…)

27 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:25:01 ID:5R/MiWFb0
貴音「それに見てください…響も私の胸の中で喜んでおります。ほら響、あなたの母ですよ?」

ひびき「あんまー?」キョトン

あずさ「はっ⁉︎いつのまに⁉︎」

美希(貴音もちょっと危ないけど…そこはミキが見張ればいいの‼︎問題は…)

真「ちょっと待った‼︎」

伊織「私たちの方がふさわしいわ‼︎」

律子(きたか…)

28 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:25:46 ID:5R/MiWFb0
真「絆とか友情って言ってるけど響の運動能力に張り合えるのは僕くらいのもんだろ?2人はたしかに同じユニットだけど、個人としては僕と響はスポーツ番組のレギュラーが3つあるから二人より共演してるよ?」

美希「ぐぬぬなの…」

貴音「菊地真、あなたはたかひびと言う言葉をご存知ですか?」イラッ

真「時代はまこひびですよ?貴音さん?」

バチバチバチバチ

29 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:27:06 ID:5R/MiWFb0
伊織「それに私たちにはあなたたちにはない利点があるわ‼︎」

あずさ「あら~何かしら~?」

伊織「それはズバリ『父性』よ‼︎響は父親や兄の話をよくするでしょ?響に必要なのは父性なのよ‼︎」

真「男よりかっこいい僕ならそこはクリアだよ」

ひびき「かっこいいじょ…」ウットリ

貴音「くっ‼︎」

30 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:27:35 ID:5R/MiWFb0
律子(正直伊織が真を誘う意味はわかっていたけど…)

美希(いつもは男扱いを嫌がる真クンが承諾するとは思わなかったの…)

真「響、恐れることはないんだよ、友達になろう…」

ひびき「しんかー?」キョトン

真「はぁぁぁん‼︎可愛いぃぃぃ‼︎もう、家に帰ったらフリッフリの可愛い服着ようねー♪」

ひびき「じびゅんかわいいのしゅきだじょ♪」キャッキャッキャッキャッ

31 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:28:58 ID:5R/MiWFb0
律子(でもね、あなたたちペアには致命的な弱点があるのよ、伊織…)

千早「異議あり‼︎」

全員「⁉︎」

伊織「何よ?文句あるわけ?」

千早「水瀬さん?あなたたちが任されたとしてどこで一晩過ごす気なの?」

伊織「は?そんなの私の家でいいじゃない?部屋は余ってるんだし。」

真「僕の家は今日両親いないしね」

32 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:29:28 ID:5R/MiWFb0
千早「問題はそこよ‼︎」

伊織「⁉︎」

千早「プロデューサーは『今日1日のイメージが刷り込まれる』って言ってるのよ?もし今日1日水瀬さんのお家で『豪華な暮らし』をしてしまえばそれが刷り込まれるわ‼︎」

伊織真「「なっ⁉︎」」

千早「水瀬さんの生活スタイルに合わせてたらあっと言う間に自己破産コースよ‼︎」

伊織「そ…そんな…」

33 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:30:30 ID:5R/MiWFb0
千早「私たちならその心配もないわ‼︎高槻さんに任せればしっかりしたてん…いい子に育つわ‼︎」

やよい「うっうー‼︎私、お金が厳しいから無理かなーって思ってたんですけどぉ、千早さんが『私の家に泊まればお金に心配はいらないわ』って言ってくれたんですー‼︎」

34 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:31:05 ID:5R/MiWFb0
やよい「響さん、弟たちのお世話してくれたんで、今度は私が響さんのお世話する番かなぁーって」ナデナデ

ひびき「だじょ‼︎だじょ‼︎」ギュゥゥゥウ

真「くっ⁉︎あまりのお姉ちゃん力に響が離れないだって⁉︎」

亜美真美「「やっぱりやよいっちは天使やでぇ」」

律子「ほんとあんたたちも見習えばいいのに…」

亜美真美「「…」」

35 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:31:57 ID:5R/MiWFb0
真「で、でも僕らには父性が…」

千早「父性なら私でもいいはずよ‼︎胸もないんだから旦那さんに見えるわ‼︎」

美希(千早さんが自ら胸の話に⁉︎)

律子(千早も本気ね…)

36 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:32:28 ID:5R/MiWFb0
やよい「うっうー‼︎千早さんが旦那さんですかー?嬉しいですー‼︎」

千早「ふふふ、高槻さん、私も嬉しいわ」タラ-

伊織(鼻血が…)

千早(ふふふ、このままアメリカに飛んで可愛い高槻さんをお嫁さんに、可愛い我那覇さんを娘にすれ…ばっ⁉︎」ガハッ

やよい「ち、千早さん‼︎血が凄いですー‼︎」

37 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:33:44 ID:5R/MiWFb0
千早(くっ‼︎妄想の破壊力が強すぎるわ‼︎)
千早「だ、大丈夫よ、高槻さん、最高にハイってやつだから…」ポタポタポタ

美希(千早さんは一体何と戦ってるの?)

千早(もうすぐよ…もうすぐ可愛い我那覇さんと可愛い高槻さんが私のものに…)フラ-

律子「亜美、真美、やりなさい」ボソッ

亜美真美「了解…」ボソッ

38 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:34:14 ID:5R/MiWFb0
真美「『ち、千早ぁ…そんなとこ触られたら、自分…自分んんん‼︎』」ボソッ

千早(⁉︎我那覇さんの声真似⁉︎)

亜美「『だ、ダメだぞ…はぁぁん⁉︎しょこやめヘぇぇ‼︎』」ボソッ

千早 ドバドバドバドバ

やよい「ち、千早さんー‼︎」

39 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:35:11 ID:5R/MiWFb0
律子「はい、千早は退場ね」

美希「…もうめちゃくちゃなの…」

律子「残念だけどあなたもよ?美希」

美希「へ?な、何で?」

律子「貴音を見なさい」

貴音 ドバドバドバドバ

美希「…」

40 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:35:39 ID:5R/MiWFb0
律子「とかちミラクルボイスの餌食よ」

亜美「これぞ‼︎」
真美「とかち‼︎」
亜美「ミラクル‼︎」
亜美真美「「ヴォイス‼︎」」

41 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:36:48 ID:5R/MiWFb0
亜美「やっぱり亜美たちみたいに遊んであげられる方がいいよね‼︎ひびき…」

ひびき「びぇぇぇぇえん‼︎」

亜美真美「「…」」

伊織「あんたたち、完全に怯えられてるわね…」

真「一番最初に泣かせちゃってるもんね…」

律子「自業自得よ…」

42 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:37:23 ID:5R/MiWFb0
美希「倒れてる貴音と千早さん、体操座りでいじける亜美真美、泣く響、地獄絵図なの…」

春香「ってことは私たちの1人勝ちだね」

伊織「ちょっと黙りなさい、変態1号」

雪歩「やったね、春香ちゃん♪」

伊織「あんたもよ、2号」

43 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:38:38 ID:5R/MiWFb0
春香「でも私たちの女子力が一番高いんじゃない?」

雪歩「料理、洗濯、掃除、全部できるし春香ちゃんはお菓子作り、私は茶道を教えれるよ?」

美希「い、意外とマットーな理由なの…」

44 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:39:04 ID:5R/MiWFb0
律子「春香の家は遠いじゃない…」

春香「雪歩の家に泊まれるように雪歩に連絡してもらってます」

雪歩「もしもし?お父さん?今日例の薬を…いや、真ちゃんじゃなくてね…」

律子「アウトォォ‼︎アウトでしょ⁉︎」

伊織「あんた節操ってもんがないの⁉︎」

45 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:40:05 ID:5R/MiWFb0
P「はい、そこまで‼︎」

全員「⁉︎プロデューサー⁉︎なんでここに?」

P「千早と貴音が倒れたらしいからな、手当しに帰ってきたんだよ。ほら、亜美、真美、お前らも元気出せ、コーラやるから」

亜美「…はぁい…」
真美「…兄ちゃんありがと…」

46 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:40:38 ID:5R/MiWFb0
P「さて、あと2組まで絞れたのか…」

春香「はい、私たち…」

P「律子、あずささん、お願いできますか?」

春香「…」
雪歩「…」

美希「当然なの…」

47 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:41:37 ID:5R/MiWFb0
春香「そんな、プロデューサーさん‼︎」

雪歩「酷いですぅ‼︎」

P「いや、普通にお前たちはありえないだろ?この2組なら誰でも律子とあずささんに任せるよ」

あずさ「あらあら~」

律子「任せてください‼︎」

48 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:42:15 ID:5R/MiWFb0
春香「そんなぁ…」

P「まぁ、慌てるな、お前たちのこともちゃんと考えてある。」

ボンッ
亜美「え?」
真美「うわぁ‼︎」
モクモクモクモク

あみまみ キュルル-ン

P「亜美、真美、いたずらした罰だ、今日は春香と雪歩に面倒見てもらおうな」

あみまみ「「…」」

49 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:44:03 ID:5R/MiWFb0
春香「ありがとうございます‼︎ありがとうございます‼︎ありがとうございます‼︎」

雪歩「亜美ちゃん、真美ちゃん…今夜は楽しもうね…フヒっ‼︎」

あみまみ「「いやだー‼︎」」

50 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:44:45 ID:5R/MiWFb0
~翌日~

響「はいさい‼︎プロデューサー‼︎」

P「おはよう、元に戻ったみたいだな?」

響「うん、でも自分全く覚えてないぞ…あの2人の方が大変じゃないのか?」

亜美「…ふふふ…スコップとドリルをあんな風に使うなんて…」

真美「もう…お嫁にいけない…あぁ…はるるん…そんなとこやめて…」

51 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:45:37 ID:5R/MiWFb0
P「うん、俺もあんな風になるとは思わなかった…」

響「目から光が消えてるぞ…」

P「でも響がちゃんと戻れたみたいで良かっ…」

響「2人のことお母さんたちに相談してみるぞ」

P「ん?」

響「ん?」

52 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:46:12 ID:5R/MiWFb0
P「…あの…響さん?お母さんたちって?」

響「何言ってるんだ?律子ママとあずさママのことだぞ?」

P「おい‼︎いらんこと教え込まれてるじゃないか‼︎」

響「でも2人ともちょっと風邪気味なんだ…昨日3人で裸で抱き合って寝たからかな…」

P「律子ー‼︎あずささーん‼︎」

終わり

53 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:48:53 ID:vh0ASTnI0

54 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:53:08 ID:oAWW5kQL0
乙―

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼