某セ〇ンイレブンの店員なんだが…

1 名無し生涯学習 2018/04/14(土) 18:13:13 ID:
初めてスレッド立てるからこれであってるか分からない…

けどスレッド踏んでくれてありがとうございます。

2 2018/04/14(土) 18:16:00 ID:
主です
俺が働いている店が賃金を違法にカットしたり賞味期限切れのおでんとか販売してるんだけどどーなのこれ?

賃金カットは従業員がキレてオーナーと本部にクレーム入れたから返ってくるっぽいけど
古株は100~300万取られてて、返ってこないっぽい
というかクズオーナーが従業員の善意に付け込んで大抵の従業員はかえってきてないっぽいw
ひどい

3 名無し生涯学習 2018/04/14(土) 18:17:38 ID:
すまん
カテゴリー間違えてた

4 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:00:06 ID:
.

5 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:00:21 ID:
.

6 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:00:36 ID:
.

7 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:00:52 ID:
.

8 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:01:07 ID:
.

9 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:01:22 ID:
.

10 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:01:37 ID:
.

11 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:02:05 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

12 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:02:21 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

13 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:02:36 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

14 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:02:52 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

15 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:03:07 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

16 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:03:22 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

17 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:03:37 ID:
.

18 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:03:52 ID:
.

19 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:04:07 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

20 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:04:23 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

21 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:05:03 ID:
.

22 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:05:18 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

23 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:05:33 ID:
.

24 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:05:48 ID:
.

25 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:06:04 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

26 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:06:18 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

27 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:06:34 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

28 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:06:49 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

29 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:07:20 ID:
.

30 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:07:35 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

31 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:07:50 ID:
.

32 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:08:05 ID:
.

33 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:08:20 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

34 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:08:36 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

35 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:08:51 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

36 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:09:06 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

37 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:09:21 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

38 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:09:54 ID:
.

39 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:10:28 ID:
.

40 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:10:43 ID:
.

41 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:10:58 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

42 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:11:13 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

43 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:11:28 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

44 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:11:44 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

45 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:11:59 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

46 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:12:14 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

47 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:12:29 ID:
.

48 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:12:44 ID:
.

49 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:12:59 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

50 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:13:14 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

51 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:13:29 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

52 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:13:45 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

53 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:14:19 ID:
.

54 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:14:34 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

55 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:14:49 ID:
.

56 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:15:04 ID:
.

57 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:15:19 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

58 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:15:34 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

59 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:15:50 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

60 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:16:05 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

61 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:16:20 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

62 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:16:52 ID:
.

63 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:17:07 ID:
.

64 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:17:22 ID:
.

65 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:17:37 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

66 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:17:53 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

67 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:18:08 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

68 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:18:23 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

69 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:18:38 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

70 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:18:53 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

71 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:19:09 ID:
.

72 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:19:24 ID:
.

73 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:19:39 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

74 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:19:54 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

75 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:20:29 ID:
.

76 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:20:44 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

77 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:20:59 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

78 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:21:14 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

79 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:21:30 ID:
.

80 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:21:45 ID:
.

81 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:22:00 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

82 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:22:15 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

83 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:22:30 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

84 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:23:06 ID:
.

85 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:23:21 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

86 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:23:36 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

87 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:23:52 ID:
.

88 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:24:07 ID:
.

89 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:24:22 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

90 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:24:38 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

91 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:25:03 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

92 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:25:18 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

93 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:25:33 ID:
.

94 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:25:48 ID:
.

95 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:26:03 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

96 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:26:37 ID:
.

97 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:26:52 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

98 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:27:08 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

99 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:27:23 ID:
.

100 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:27:38 ID:
.

101 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:27:53 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

102 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:28:08 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

103 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:28:23 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

104 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:28:56 ID:
.

105 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:29:12 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

106 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:29:27 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

107 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:29:42 ID:
.

108 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:29:57 ID:
.

109 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:30:12 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

110 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:30:28 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

111 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:30:43 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

112 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:31:16 ID:
.

113 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:31:31 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

114 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:31:46 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

115 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:32:11 ID:
.

116 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:32:26 ID:
.

117 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:32:41 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

118 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:33:12 ID:
.

119 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:33:27 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

120 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:33:42 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

121 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:33:57 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

122 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:34:12 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

123 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:34:27 ID:
.

124 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:34:43 ID:
.

125 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:34:58 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

126 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:35:13 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

127 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:35:47 ID:
.

128 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:36:02 ID:
.

129 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:36:18 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

130 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:36:33 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

131 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:36:58 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

132 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:37:13 ID:
.

133 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:37:28 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

134 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:37:43 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

135 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:37:58 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

136 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:38:36 ID:
.

137 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:39:16 ID:
.

138 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:39:31 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

139 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:39:46 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

140 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:40:01 ID:
.

141 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:40:16 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

142 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:40:31 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

143 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:40:46 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

144 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:41:01 ID:
.

145 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:41:17 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

146 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:41:32 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

147 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:42:10 ID:
.

148 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:42:25 ID:
.

149 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:42:40 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

150 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:42:56 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

151 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:43:11 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

152 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:43:26 ID:
.

153 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:43:41 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

154 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:43:56 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

155 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:44:30 ID:
.

156 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:44:45 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

157 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:45:00 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

158 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:45:16 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

159 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:45:31 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

160 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:45:46 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

161 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:46:24 ID:
.

162 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:46:58 ID:
.

163 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:47:30 ID:
.

164 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:47:45 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

165 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:48:00 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

166 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:48:16 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

167 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:48:31 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

168 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:48:46 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

169 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:49:01 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

170 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:49:38 ID:
.

171 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:49:53 ID:
.

172 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:50:08 ID:
.

173 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:50:23 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

174 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:50:38 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

175 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:50:53 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

176 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:51:08 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

177 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:51:23 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

178 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:51:39 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

179 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:51:54 ID:
.

180 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:52:09 ID:
.

181 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:52:43 ID:
.

182 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:52:58 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

183 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:53:13 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

184 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:53:28 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

185 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:53:43 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

186 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:53:58 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

187 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:54:13 ID:
.

188 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:54:28 ID:
.

189 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:54:44 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

190 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:54:59 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

191 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:55:14 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

192 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:55:29 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

193 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:55:44 ID:
.

194 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:55:59 ID:
.

195 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:56:14 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

196 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:56:29 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

197 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:57:03 ID:
.

198 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:59:30 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

199 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 12:59:45 ID:
.

200 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:00:00 ID:
.

201 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:00:15 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

202 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:00:30 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

203 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:00:46 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

204 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:01:01 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

205 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:01:16 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

206 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:01:51 ID:
.

207 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:02:06 ID:
.

208 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:02:21 ID:
.

209 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:02:45 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

210 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:03:00 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

211 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:03:15 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

212 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:03:30 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

213 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:03:45 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

214 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:04:21 ID:
.

215 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:04:36 ID:
.

216 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:04:51 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

217 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:05:06 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

218 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:05:21 ID:
.

219 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:05:36 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

220 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:05:51 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

221 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:06:07 ID:
.

222 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:06:22 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

223 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:06:37 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

224 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:06:52 ID:
.

225 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:07:07 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

226 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:07:22 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

227 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:07:38 ID:
.

228 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:07:53 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

229 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:08:08 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

230 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:08:23 ID:
.

231 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:08:38 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

232 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:08:53 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

233 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:09:09 ID:
.

234 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:09:24 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

235 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:09:57 ID:
.

236 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:10:12 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

237 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:10:28 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

238 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:11:06 ID:
.

239 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:11:21 ID:
.

240 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:11:45 ID:
.

241 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:12:00 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

242 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:12:15 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

243 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:12:53 ID:
.

244 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:13:08 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

245 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:13:23 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

246 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:13:38 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

247 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:13:53 ID:
.

248 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:14:09 ID:
.

249 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:14:41 ID:
.

250 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:14:56 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

251 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:15:11 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

252 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:15:26 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

253 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:15:41 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

254 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:15:57 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

255 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:16:12 ID:
.

256 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:16:27 ID:
.

257 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:16:42 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

258 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:17:18 ID:
.

259 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:17:33 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

260 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:17:48 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

261 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:18:03 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

262 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:18:19 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

263 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:18:34 ID:
.

264 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:18:49 ID:
.

265 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:19:04 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

266 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:19:20 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

267 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:19:52 ID:
.

268 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:20:07 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

269 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:22:55 ID:
.

270 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:23:10 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

271 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:23:30 ID:
.

272 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:23:45 ID:
.

273 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:24:00 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

274 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:24:15 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

275 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:24:30 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

276 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:24:46 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

277 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:25:01 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

278 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:25:16 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

279 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:29:11 ID:
.

280 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:29:44 ID:
.

281 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:30:19 ID:
.

282 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:30:34 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

283 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:30:57 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

284 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:31:12 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

285 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:31:27 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

286 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:31:43 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

287 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:32:07 ID:
.

288 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:32:23 ID:
.

289 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:32:38 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

290 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:32:53 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

291 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:33:33 ID:
.

292 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:33:48 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

293 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:34:03 ID:
.

294 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:34:19 ID:
.

295 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:34:34 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

296 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:34:49 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

297 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:35:04 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

298 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:35:19 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

299 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:35:35 ID:
.

300 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:35:50 ID:
.

301 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:36:05 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

302 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:36:20 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

303 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:36:50 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

304 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:37:05 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

305 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:37:39 ID:
.

306 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:37:54 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

307 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:38:09 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

308 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:38:40 ID:
.

309 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:38:55 ID:
.

310 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:39:10 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

311 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:39:25 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

312 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:39:40 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

313 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:39:56 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

314 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:40:11 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

315 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:40:26 ID:
.

316 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:40:41 ID:
.

317 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:40:56 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

318 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:41:11 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

319 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:41:26 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

320 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:41:42 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

321 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:41:57 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

322 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:42:12 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

323 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:42:27 ID:
.

324 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:42:42 ID:
.

325 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:42:57 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

326 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:43:12 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

327 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:43:27 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

328 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:44:07 ID:
.

329 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:44:22 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

330 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:44:37 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

331 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:44:52 ID:
.

332 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:45:08 ID:
.

333 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:45:43 ID:
.

334 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:45:58 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

335 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:46:13 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

336 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:46:28 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

337 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:46:43 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

338 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:47:18 ID:
.

339 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:47:33 ID:
.

340 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:47:48 ID:
.

341 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:48:04 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

342 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:48:19 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

343 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:48:34 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

344 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:48:49 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

345 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:49:04 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

346 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:49:46 ID:
.

347 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:50:01 ID:
.

348 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:50:16 ID:
.

349 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:50:31 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

350 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:50:46 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

351 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:51:02 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

352 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:51:17 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

353 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:51:32 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

354 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:51:47 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

355 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:52:02 ID:
.

356 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:52:17 ID:
.

357 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:52:32 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

358 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:52:48 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

359 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:53:25 ID:
.

360 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:53:40 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

361 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:53:55 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

362 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:54:10 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

363 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:54:25 ID:
.

364 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:54:41 ID:
.

365 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:54:56 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

366 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:55:11 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

367 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:55:26 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

368 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:55:41 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

369 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:55:56 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

370 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:56:11 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

371 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:56:27 ID:
.

372 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:56:42 ID:
.

373 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:56:57 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

374 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:57:12 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

375 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:57:45 ID:
.

376 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:58:00 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

377 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:58:15 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

378 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:58:54 ID:
.

379 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:59:09 ID:
.

380 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:59:24 ID:
.

381 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:59:39 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

382 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 13:59:54 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

383 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 14:00:10 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

384 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 14:00:25 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

385 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 14:00:41 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

386 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 14:01:16 ID:
.

387 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 14:01:31 ID:
.

388 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 14:01:47 ID:
.

389 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 14:02:02 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

390 名無し生涯学習 2018/04/16(月) 14:02:17 ID:
コンクリート壁に囲まれたナゴヤドームの駐車場で、松坂大輔は二重三重に報道陣に囲まれていた。
勝負の世界は、残酷なものだ。勝てば、カクテル光線がきらめくグラウンドの上でお立ち台に立ち、ファンの歓声を浴びる。
しかし、負けたゲームでは、その歓喜の舞台はセッティングされない。
帰路につく松坂が愛車の脇での囲み取材に応じる。
広報担当者から「そろそろ」という声がかかったら、これが「最後の質問」というのが暗黙の了解だ。
メジャーから帰国後、3年間所属したソフトバンクは昨オフ、松坂に対して現役続行を容認しながら、
新たな肩書として「リハビリ担当コーチ」の提示を行ったとみられている。
ソフトバンクは1軍、2軍、3軍という豊富な選手層を誇る。
3年間で1軍登板1試合の37歳に対し、貴重な「支配下選手」の1枠を手放しで与えることはできない。
それは復活をかける松坂への愛情だったが、その一方で「コーチ」という肩書をつけることは目下の戦力としては“構想外”ということも意味している。
だからこそ、松坂は新天地を求めたのだ。
たどり着いた名古屋の地では、本拠地開幕のカード3戦目で先発のマウンドに立った。
それは球団から戦力として認められている、いわば信頼の証しでもある。
その期待に、何としても応えたかったのだ。
中6日を想定して、松坂を調整させる。登板翌日の回復具合と、2日目か3日目あたりでブルペンで投げてみてどれくらい体が回復しているのか。
そうした状況をチェックした上で、松坂の今後の予定を組んでいくというわけだ。
そのために、登板予定のない大阪へも、松坂を帯同させるのだ。
登板日は未定だが、来るべき“次”をにらんでの調整スケジュールの一環だ。
順調なら、18日か19日の阪神戦、天候などで試合開催が左右されないナゴヤドームでの登板の運びになりそうだ。
「次につなげたいですね」
松坂はそう言い残して、愛車に乗り込んだ。
日本での最後の白星は、西武時代にまでさかのぼる。
ただ、新しい白星だけが目標ではない。
投手としてのプライドをかけた、新天地・名古屋での挑戦は5回3失点、最速142キロだった。
苦しい投球内容だ。いや、十分な内容だ。
議論百出、評価は完全に二分されるだろう。ただ、1つだけはっきりしていることがある。
松坂は、力強く、真の復活への第一歩を記した。

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼