東京渋谷司法書士事務所 吉成聡 ワンクリック詐欺?

1 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/11(土) 19:20:31 ID:
東 司 企 発 第 4 7 号 平成29年10月6日会 員 各 位 東京司法書士会会長 野 中 政 志 消費者問題対策委員会
「多重債務・消費者問題報告会」の開催について(お知らせ) また、消費者問題に関する報告として、近時、司法書士による消費者被害が問題となっていることに対して
警鐘を鳴らします。現在、司法書士業務は特定商取引法の適用除外となっていますが、司法書士による消費者トラブルが多発すれば適用除外の対象から外され
てしまうおそれがあるばかりか、簡裁訴訟等代理権を失う原因にもなりかねません。問題事例を検討するとともに、司法書士の事業者としての
側面に焦点を当てて、消費者関連法の解説を行います。 開催日時:平成29年11月7日(火)       午後6時30分 ~ 午後8時45分(受付開始:午後6時00分)
2 場   所:司法書士会館地下1階「日司連ホール」 3 テ ー マ:①自己破産手続に関する留意点~近年の民事20部の運用を踏まえて~
 ②司法書士業務と消費者関連法~司法書士による消費者被害を防ごう~ ワンクリック詐欺司法書士
http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20161226-OYT8T50017.html
http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20170529-OYT8T50020.html
4 講師:後藤三樹子 会員(東京司法書士会消費者問題対策委員会委員) 小関研太郎 会員(東京司法書士会消費者問題対策委員会委員)
 髙田啓   会員(東京司法書士会消費者問題対策委員会委員長)大冨直輝  会員(東京司法書士会消費者問題対策委員会委員)国民の信頼を損ない,その品位を著しく失墜させた行為
あんたの事だよ 吉成聡司法書士さんよ 迷惑かけんなよ東京渋谷司法書士事務所http://www.xn--hhrq18cp1aczvq4zwsa.net/voice.php
司法書士としての自覚を欠き,その品位を損ない, 司法書士としての社会的信用を失墜させる行為であり,厳しい処分が相当である。

2 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/11(土) 19:30:07 ID:
https://www.jpnumber.com/freedial/numberinfo_0120_791_323.html
通りすがりさん 2017/09/22 22:19:57  電話0120-791-323
以下の様な回答が返ってきた。 ①スマホで登録してしまうと、個体識別番号から電話帳のデータが抜かれる
→前半はその通りだが、電話帳のデータが抜かれることは技術上あり得ない。
②そこから住所と名前が分かると郵便物が送られてくる→だから登録しただけでは分からない
③相手に退会や個人情報の抹消の交渉をしなくてはなら ないが、一般の方は法律を使えるわけではないので相手がいうこと聞いてくれない。
→意味が分かない。一般人でも法律は使える。一般人なら法律を使えないなら売買契約等もできないことになる。
④(事務所が)相手に言えば法律が使える。法律に則って交渉するので守らないと法律違反になって捕まる。
→最大の意味不明点。民事上の約束を破って捕まることなどない(そんなことになったら世の中逮捕者が溢れかえる事になるだろう)
⑤事務所が法定代理人になる。やることは請求の取り消しと個人情報の削除 →法定代理人wwそれを言うなら任意代理だろうとww
そして「請求の取り消し」ってなんだwなんで請求を受けてる方が取り消すんだww
取り消すのは請求してる方だろwww また、個人情報の削除という事を認定持ってる司法書士であろうと出来るのか がかなり怪しい。
裁判でネット上の書き込みの削除を請求する場合、訴額が算定できない場合に適用される160万円が訴額となる。よって、
司法書士の代理権の140万円を超えることになり非弁の可能性すらある。 ⑥料金は86400円→もう笑うしかなかったwww 以上より、
おそらく司法書士の資格も持っている人間(所長は吉成というユーチューバー)を形だけ置き、補助者や金主が仕切っている事務所というところであろう。
法知識も全くなく、法律用語さえ正しく使えていない。 補助者教育すらしていない事務所。
結論:みんなここに電話する前に消費者センター・東京司法書士会綱紀調査委員会・東京法務局民事行政部総務課に相談しよう。
ここに依頼しちゃった人は、司法書士会に相談しよう!依頼料を取り戻せる かもしれないぞ!!

3 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/11(土) 19:55:37 ID:
ありがとうございますよろしくお願いいたします司法書士吉成聡先生よろしくお願いいたします

4 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/12(日) 05:29:49 ID:
東京司法書士会消費者問題対策委員会から
ワンクリック詐欺相談が監視下なら
やばいです

5 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/12(日) 09:20:14 ID:
アダルトサイト対処相談で詐欺急増…検索を悪用
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170423-OYT1T50020.html

2017年04月24日 07時50分
 アダルトサイトの架空請求の解決をうたう探偵業者によるトラブルが急増していることを受け、京都府警は22日、対策などを学ぶ講座を京都市上京区の府警本部で開き、
約30人が参加した。 府警は今月10日、東京の探偵業の代表者ら3人を、アダルトサイトに関する相談をしてきた男性から金をだまし取ったとする詐欺容疑で逮捕。業者は、
インターネットの 「検索連動型広告」を悪用し、「消費生活センター」などと検索すると業者のサイトが広告として表示されるようにしていた。
 講座では、府警サイバー犯罪対策課の吉岡竜之介警部補が、4月に京都府内の高校生232人を対象に実施したアンケートについて紹介。架空請求の対処法として11%が
「ネットで検索する」と回答し、うち54%が検索結果の上位5サイトを閲覧すると回答したという。吉岡警部補は、探偵業者や司法書士が公的機関に似せたサイトを開設し、
検索で上位に表示されるようにしているとした上で、「サイトをしっかり確認し、料金を請求されても支払わないでほしい」と呼びかけた。  参加した長岡京市の無職男性(65)は
「ネットの恐ろしさを改めて感じた。今日学んだことを地元でも伝えていきたい」と話した。
2017年04月24日 07時50分

6 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/13(月) 01:36:55 ID:
読売新聞に書かれているので
アダルト系詐欺被害相談
ワンクリック詐欺相談を司法書士に依頼しても大丈夫ですか

7 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/13(月) 08:11:17 ID:
司法書士による「アダルトサイト被害解決」も使わないこと  国民生活センターの注意喚起にはないが、司法書士事務所による「アダルト詐欺サイトのトラブル解決」をうたう広告もある。
司法書士が悪質業者との間に入って「解決する」との広告だ。相談は無料と書いているが、ウェブサイトの下に「着手金:1件につき0円~40,000円(税込)」との表記がある。
 筆者はこの司法書士事務所に電話をかけてみた。すると「業者に対して、契約を無効にする手続きをします。料金は4万円です」とのこと。司法書士にそんなことができるのか?と聞いたところ
「代理権があるので大丈夫です」と回答してきた。 これについて前出の落合洋司弁護士は「140万円以下であれば司法書士でも交渉はできる。しかし実際問題として、アダルト詐欺の犯罪グループと交渉し、
無効にすることができるとは思えない。実効性のない仕事であり、それでお金を取ることは、社会通念上問題があるのではないか」と述べている。
 前述したように、アダルトサイト詐欺を「解決する」「請求を止めさせる」ことは事実上不可能だ。それをできるとうたう司法書士事務所は、筆者としては信用できない。
司法書士事務所だからといって、信頼しないほうがいいだろう。http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20161226-OYT8T50017.html
●探偵業者・司法書士事務所の「アダルト詐欺解決」の広告は信用しない   ネット広告を信用しない。「アダルトサイト被害解決」「返金可能」などの広告は一切無視すること。実際問題として返金や解決
はできないので、着手金・調査料を取られるだけになってしまう。 ●アダルト詐欺の請求は何があっても無視  アダルト詐欺サイトの請求、メール、電話はすべて無視。「キャンセル手続」「誤クリックによる解除」
などと書いてあっても、絶対にこちらから連絡しないこと。着信拒否などで無視し、怖い場合は「188」か警察に相談を  2016年12月26日 11時05分プロフィル三上洋 (みかみ・よう) セキュリティ、ネット活用、
スマートフォンが専門のITジャーナリスト。最先端のIT事情をわかりやすく解き明かす。テレビ、週刊誌などで、ネット事件やケータイ関連の事件についての解説やコメントを求められることも多い。http://www.sv15.com/

8 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/14(火) 07:47:14 ID:
[2015年5月14日:公表]アダルトサイトとの解約交渉を行政書士はできません!http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20150514_1.html
*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20150514_1.pdf報告書本文(PDF)」をご覧下さい。
 国民生活センターおよび全国の消費生活センター等には、アダルトサイトに誤って接続して料金等を請求されている、アダルトサイトの料金を支払うようメールが来たといった相談が、
毎年一番多く寄せられています。そうした消費者が、消費生活センターに相談しようとしてインターネットで検索した結果、本来は業務としては行うことができないアダルトサイトとの
トラブル解決をうたっている一部の行政書士(注1)に救済を依頼し、費用を請求されたという相談が2014年度に急増しました。消費生活センターに似せた名前で相談窓口を運営したり、広告を出しているケースもあります。
 そこで、同様の相談事例を紹介し、消費者トラブルに遭わないための注意点等について消費者に情報提供し、行政書士の団体に業務の適正化を図ること等を要望しました。
(注1)行政書士法に基づき、主に官公署に提出する書面や契約等にかかる書面等の作成を行う資格。

9 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/15(水) 05:11:58 ID:
感謝しておりますのでありがとうございますよろしくお願いいたします司法書士吉成聡先生

10 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/16(木) 10:15:51 ID:
詐欺被害者を二重にだますネット広告に注意!
2016年12月26日 11時05分http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20161226-OYT8T50017.html
 ワンクリック詐欺やアダルト詐欺サイト被害者を、さらにだますネット広告が問題になっている。探偵業者などが「無料相談」「返金可能」
と広告を出しているものだ。国民生活センターに相談が多数寄せられている。(ITジャーナリスト・三上洋)
画像は、Googleで「ワンクリック詐欺」で検索したときの結果表示だ。三つの広告が先頭に表示されており「無料相談で即日解決」「請求トラブル専門窓口」
「消費者相談センター」などと書かれている。詐欺にだまされた人は、焦って電話してしまうかもしれない。
 しかしこの広告、実際は探偵業者や司法書士事務所のもので、国民生活センターとは何の関係もない。「調査料」「契約取り消しの交渉」などして
お金を取る探偵業者や司法書士事務所の広告なのである。
そして根本的な問題として、アダルト詐欺業者に対して「返金」「請求を止める」「解決」するのは事実上不可能だということがある。アダルト詐欺業者は犯罪グループであり、
犯罪グループからお金を取り戻すことは現実問題として不可能に近い。また請求を止めることも難しい。犯罪グループは名義を変えていくつものサイトから勝手に請求してくるからだ。
 根本的にできないことなのに、「返金交渉をする」「請求を止めさせる」と広告することは、詐欺に近い行為だと言えるだろう。
司法書士による「アダルトサイト被害解決」も使わないこと
 国民生活センターの注意喚起にはないが、司法書士事務所による「アダルト詐欺サイトのトラブル解決」をうたう広告もある。司法書士が悪質業者との間に入って
「解決する」との広告だ。相談は無料と書いているが、ウェブサイトの下に「着手金:1件につき0円~40,000円(税込)」との表記がある。
 筆者はこの司法書士事務所に電話をかけてみた。すると「業者に対して、契約を無効にする手続きをします。料金は4万円です」とのこと。司法書士にそんなことができるのか?
と聞いたところ「代理権があるので大丈夫です」と回答してきた。 これについて前出の落合洋司弁護士は「140万円以下であれば司法書士でも交渉はできる。
しかし実際問題として、アダルト詐欺の犯罪グループと交渉し、無効にすることができるとは思えない。実効性のない仕事であり、それでお金を取ることは、
社会通念上問題があるのではないか」と述べている。
 前述したように、アダルトサイト詐欺を「解決する」「請求を止めさせる」ことは事実上不可能だ。それをできるとうたう司法書士事務所は、筆者としては信用できない。
司法書士事務所だからといって、信頼しないほうがいいだろう。

11 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/17(金) 15:13:34 ID:
サイバー犯罪 対策講座 – 読売新聞Home » 司法書士 » サイバー犯罪 対策講座 – 読売新聞
2017年4月23日 shigyo 司法書士 コメントはまだありません
 ◇府警 架空請求解決詐欺受け
 アダルトサイトの架空請求の解決をうたう探偵業者によるトラブルが急増していることを受け、府警は22日、対策などを学ぶ講座を上京区の府警本部で開き、約30人が参加した。
 府警は今月10日、東京の探偵業の代表者ら3人を、アダルトサイトに関する相談をしてきた男性から金をだまし取ったとする詐欺容疑で逮捕。業者は、インターネットの「検索連動型広告」を悪用し、
「消費生活センター」などと検索すると業者のサイトが広告として表示されるようにしていた。
 講座では、府警サイバー犯罪対策課の吉岡竜之介警部補が、4月に府内の高校生232人を対象に実施したアンケートについて紹介。架空請求の対処法として11%が「ネットで検索する」と回答し、
うち54%が検索結果の上位5サイトを閲覧すると回答したという。吉岡警部補は、探偵業者や司法書士が公的機関に似せたサイトを開設し、検索で上位に表示されるようにしているとした上で、
「サイトをしっかり確認し、料金を請求されても支払わないでほしい」と呼びかけた。
 参加した長岡京市の無職・福田直すなおさん(65)は「ネットの恐ろしさを改めて感じた。今日学んだことを地元でも伝えていきたい」と話した。

12 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/18(土) 00:58:25 ID:
挨拶されようとわざと立ち止まるキモイ奴
街中みんなのお笑い草だぜ バカヤロ様がいる
弱い奴には強く出て 強い奴には媚びへつらい
店長崩れのニセモノは
仕事も人望も紛い物
人には厳しく自分には甘く ケジメも無しとする 
何でもすべての事が人任せで それでも良しとする

大学行ってもクズだから 常識なんかは通じねェ
相手を選んでハラ立てて
得意の火病はお手のモノ

今は君のために飲もう 僕も風と共に行こう
すべての人に 懺悔しな!!
https://www.facebook.com/katsuyuki.kida.923

13 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/18(土) 04:48:17 ID:
読売新聞は、ワンクリック詐欺
で、司法書士が
被害者を騙して金儲けしています
は、本当に有りますか

司法書士は、信用出来ますか

14 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/19(日) 10:13:26 ID:
第2 処分の理由
司法書士は,補助者を置いてその業務を補助させることができる(司法書士法施行規則第
25 条第1項)ことから,補助者が司法書士の指導・監督の下に,司法書士の補助的業務を行
うことは認められている。しかしながら,司法書士が補助者を指導・監督することなく,そ
の業務を補助者に任せきりであると認められる場合には,補助者に対する監督を怠った場合
に該当するのみならず,司法書士法施行規則第24 条にいう他人をしてその業務を取り扱わせ
ていることに該当するものと言わざるを得ない。そこで被処分者は,前記事実のとおり,司
法書士業務を補助者らに任せきりにしている状況にあり,補助者らが司法書士である被処分
者の名義を用いて,反復継続して司法書士業務を行うことを容認していたものであり,被処
分者の係る行為は同規則第24 条に違反する。また,司法書士はその所属する司法書士会会則
を遵守しなければならない(司法書士法第23 条)ところ,被処分者は,○司法書士会会則(以
下「会則」という。)に定める補助者の指導・監督義務(会則第96 条第1項)に違反してい
ることから,会則遵守義務に違反している。更に前記の処分事実を調査するに当たり,○司
法書士会による調査及び当局による調査が行われたところ,被処分者は最終的には嘱託事件
に対する関与状況について無関与の状況であったことを認めているが,各調査に対する供述
が異なっていることは,司法書士として品位を保持する義務(司法書士法第2条)に違反し
ている。

15 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/20(月) 17:10:07 ID:
処分の理由
司法書士は,常に品位を保持し,業務に関する法令及び実務に精通して,公正かつ誠実に
その業務を行い,国民の権利の保全に寄与する重要な業務上の義務を負うものであるが,被
処分者は,土地家屋調査士がその業務を補助者任せにした登記申請に関与し,本来,法を遵
守すべき司法書士が,これらの行為を制止しないばかりか,端緒を作った上,これを幇助,
助長させた。また,被処分者は売買契約の立会において,事実関係の確認もせず,不誠実な
対応をしたため,関係者との不要なトラブルを生じさせた。
したがって,被処分者の行為は,司法書士法第2条(職責),同第3条,同第23 条(会則
の遵守義務),○司法書士会会則第94 条(品位の保持等)及び同第113 条(会則等の遵守義
務)に違反している。

16 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/21(火) 10:28:12 ID:
読売新聞からアダルト系詐欺被害は、
司法書士は、詐欺して騙して金儲けしていますので注意と
司法書士は、信じられません

17 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/21(火) 16:15:47 ID:
詐欺被害者を二重にだますネット広告に注意!2016年12月26日 11時05分 http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20161226-OYT8T50017.html
 ワンクリック詐欺やアダルト詐欺サイト被害者を、さらにだますネット広告が問題になっている。探偵業者などが「無料相談」「返金可能」と広告を出しているものだ。
国民生活センターに相談が多数寄せられている。(ITジャーナリスト・三上洋)
「ワンクリック詐欺」でGoogle検索すると探偵業者や司法書士事務所の広告
Google検索で「ワンクリック詐欺」を検索したときの広告。探偵業者や司法書士事務所の広告が表示される
 画像は、Googleで「ワンクリック詐欺」で検索したときの結果表示だ。三つの広告が先頭に表示されており「無料相談で即日解決」「請求トラブル専門窓口」
「消費者相談センター」などと書かれている。詐欺にだまされた人は、焦って電話してしまうかもしれない。
 しかしこの広告、実際は探偵業者や司法書士事務所のもので、国民生活センターとは何の関係もない。「調査料」「契約取り消しの交渉」などしてお金を取る
探偵業者や司法書士事務所の広告なのである。根本的にできないことなのに、「返金交渉をする」「請求を止めさせる」と広告することは、詐欺に近い行為だと言えるだろう。
司法書士による「アダルトサイト被害解決」も使わないこと
 国民生活センターの注意喚起にはないが、司法書士事務所による「アダルト詐欺サイトのトラブル解決」をうたう広告もある。司法書士が悪質業者との間に入って
「解決する」との広告だ。相談は無料と書いているが、ウェブサイトの下に「着手金:1件につき0円~40,000円(税込)」との表記がある。
 筆者はこの司法書士事務所に電話をかけてみた。すると「業者に対して、契約を無効にする手続きをします。料金は4万円です」とのこと。司法書士にそんなことができるのか?
と聞いたところ「代理権があるので大丈夫です」と回答してきた。 これについて前出の落合洋司弁護士は「140万円以下であれば司法書士でも交渉はできる。
しかし実際問題として、アダルト詐欺の犯罪グループと交渉し、無効にすることができるとは思えない。実効性のない仕事であり、それでお金を取ることは、社会通念上問題があるのではないか」と述べている。
 前述したように、アダルトサイト詐欺を「解決する」「請求を止めさせる」ことは事実上不可能だ。それをできるとうたう司法書士事務所は、筆者としては信用できない。司法書士事務所だからといって、
信頼しないほうがいいだろう。司法書士事務所の「アダルト詐欺解決」の広告は信用しないhttp://www.sv15.com/

18 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/22(水) 12:35:09 ID:
インターネット上で、事前に料金の説明がない請求や、クリック(タップ)することが契約になるとの説明がない場合は、契約の無効を主張することができます(電子消費者契約法第三条第一項・第二項)。
また、インターネット上での契約を行う際に、利用者が申込み内容の確認や訂正ができるようになっていなければ、契約の無効を主張することができます
新規ウィンドウで開きます。http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S51/S51F03801000089.html(外部サイト)
東京くらしWEB 架空請求対策
新規ウィンドウで開きます。http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/torihiki/taisaku/(外部サイト)
サイバー犯罪に関する電話相談窓口
新規ウィンドウで開きます。都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧(外部サイト)
電話相談 電話:03-3431-8109
情報発信元警視庁 サイバーセキュリティ対策本部 対策担当
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

19 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/23(木) 01:38:16 ID:
ワンクリック詐欺相談で騙して金儲けしていたら
探偵社や
司法書士は
国民から信用無くなります

20 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/24(金) 04:16:37 ID:
読売新聞からアダルト系詐欺被害相談やワンクリック詐欺相談を探偵社や
司法書士が
騙して金儲けしていますので注意してくださいませ

21 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/24(金) 15:14:16 ID:
被害を救済するという事業者に注意して!
 消費者トラブルの解決をうたう事業者のネット広告を見て、契約してしまったという相談も多く寄せられています。行政書士や探偵業者が被害者に
代わって事業者と交渉することはできません。
 インターネット検索サイトには、広告が上位に表示されたり、公的機関を推測させるような名称の事業者が表示されたりする場合があります。お近くの消費生活センターの
電話番号がわからないときには、消費者ホットライン「188」に電話してください。最寄りの消費生活センターにつながります。
請求内容に少しでも疑問、不安を感じたら、すぐに最寄りの消費生活センターに相談を!
下記ホームページで架空請求に関する最新の手口・対処方法をわかりやすく解説していますのでご覧ください。
ホームページ「東京くらしWEB」 ⇒「架空請求対策(STOP!架空請求!)」

22 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/25(土) 08:57:15 ID:
ワンクリック詐欺 解決装い… 相談で二次被害 ご用心 広告を悪用、依頼料請求
2017/7/2 2:46 保存 共有 印刷 その他https://www.nikkei.com/article/DGXMZO1838305002072017AC8Z00/
 インターネット上の画面の表示をクリックしただけで料金を不正請求される「ワンクリック詐欺」などの被害者が、対処法を求めてネットで検索した業者から現金をだまし取られる二次被害が相次いでいる。
検索した単語に関連する広告が上位に表示される「検索連動型広告」を悪用した手口で、警察や国民生活センターが注意を呼び掛けている。
■5年で32倍に 画像の拡大
 愛媛県の30代女性はインターネットを利用中に突然、アダルトサイトの登録画面が表示された。慌てた女性が「消費生活センター」とネットで検索し、検索結果の上位に表示された団体に電話で相談したところ、
依頼料として5万4000円を請求された。後で調べると公的機関ではなく探偵業者だった。
 探偵業者にトラブルを解決する権限はなく、契約書にも「調査」と記すのが一般的。だが広告や電話口ではあたかも解決できるかのように伝えているケースが多い。
 国民生活センターによると、こうしたアダルトサイトとのトラブル解決を装う探偵業者に関する相談は2014年度ごろから急増。16年度は6607件で、5年前の約32倍に増えた。
不正請求する業者は検索連動型広告を悪用。相談先を探す際に入力することが多い単語に連動して自社の広告が上位に表示されるようにし、被害者のクリックを誘う。
 広告は、よく見ると小さな文字で「広告」や「PR」などと書かれているが、ワンクリック詐欺などの被害者は動揺し焦っているため、目についた上位の業者を
未確認のままクリックして契約し、二次被害に遭ってしまうケースが多い。

23 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/26(日) 10:39:04 ID:
ワンクリック詐欺と消費者センターがグルで個人情報を消費者センターと名乗った詐欺グループ聞き出して流すみたいなそんなことあるのでしょうか?
先日ワンクリック詐欺にあい、相談無料で話したのですが、なんかおかしいなぁと思った消費者センターがあり、
内容は電話で無料相談で掛けたのですが、色々一方的に話していて、最後に対策しますのでそれには三万かかるとの事。変だとおもってそれは
今口頭であなたに個人情報を教えなくてはいけないのですか?と聞きました。
顔も知らない相手だし、教えられません。と言ったら、いいですか。危ないですよとか言われて今日のみ受付ますが明日からは対応できません。みたいに言われて。
ちょっとおかしく思ったのできいてみたいです。グルになってるところもありますかね?電話相談で金銭の要求はあるんでしょうか?知識がないものですみません。
教えて頂きたいです。ちなみにワンクリック詐欺初めてで消費者センターも初めてなので不安
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13162450618
ベストアンサーに選ばれた回答 編集あり2016/8/304:41:29
その消費者センターを名乗るところはただの業者でお金目当てですから、依頼する必要がありません。
ワンクリック詐欺ならば無視をしていればよいです。何もしなければ何も起きません。
放っておけばよいのです。心配なら公的な相談機関の消費者ホットラインを利用して相談をしてみてください。
電話番号は188です。もちろん無料です。

24 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/27(月) 17:22:46 ID:
詐欺被害者を二重にだますネット広告に注意!2016年12月26日 11時05分
 ワンクリック詐欺やアダルト詐欺サイト被害者を、さらにだますネット広告が問題になっている。探偵業者などが「無料相談」「返金可能」と広告を出しているものだ。
国民生活センターに相談が多数寄せられている。(ITジャーナリスト・三上洋)
「ワンクリック詐欺」でGoogle検索すると探偵業者や司法書士事務所の広告
Google検索で「ワンクリック詐欺」を検索したときの広告。探偵業者や司法書士事務所の広告が表示される
 画像は、Googleで「ワンクリック詐欺」で検索したときの結果表示だ。三つの広告が先頭に表示されており「無料相談で即日解決」「請求トラブル専門窓口」
「消費者相談センター」などと書かれている。詐欺にだまされた人は、焦って電話してしまうかもしれない。
 しかしこの広告、実際は探偵業者や司法書士事務所のもので、国民生活センターとは何の関係もない。「調査料」「契約取り消しの交渉」などしてお金を取る探偵業者や司法書士事務所の広告なのである。
司法書士による「アダルトサイト被害解決」も使わないこと
 国民生活センターの注意喚起にはないが、司法書士事務所による「アダルト詐欺サイトのトラブル解決」をうたう広告もある。司法書士が悪質業者との間に入って「解決する」との広告だ。相談は無料と書いているが、
ウェブサイトの下に「着手金:1件につき0円~40,000円(税込)」との表記がある。
 筆者はこの司法書士事務所に電話をかけてみた。すると「業者に対して、契約を無効にする手続きをします。料金は4万円です」とのこと。司法書士にそんなことができるのか?と
聞いたところ「代理権があるので大丈夫です」と回答してきた。
 これについて前出の落合洋司弁護士は「140万円以下であれば司法書士でも交渉はできる。しかし実際問題として、アダルト詐欺の犯罪グループと交渉し、無効にすることができるとは思えない。
実効性のない仕事であり、それでお金を取ることは、社会通念上問題があるのではないか」と述べている。
 前述したように、アダルトサイト詐欺を「解決する」「請求を止めさせる」ことは事実上不可能だ。それをできるとうたう司法書士事務所は、筆者としては信用できない。司法書士事務所だからといって、
信頼しないほうがいいだろう。http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20161226-OYT8T50017.html

25 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/28(火) 14:41:39 ID:
ワンクリック詐欺に引っかかりました。ID非公開さん2017/9/1200:33:01
ワンクリック詐欺に引っかかりました。相手に電話をしてしまい、あわてて、司法書士事務所に電話したところ8万6千円で解決できるという話だったので、
とっさに払ってしまいました。でも、冷静に考えると今大学生で全財産が10万しかなかったのに、今1万しかありません。親にも言えず悩んでいます。
今日払って、もう着手してるみたいなんですが、今からでも、キャンセルをする事は出来ますか?
出来た場合は、キャンセル料はかかりますか?お金は戻ってくると思いますか?
補足早急にお願いします
ベストアンサーに選ばれた回答 プロフィール画像
2017/9/1201:35:15
司法書士に金を払った場合、取り戻すのは大変かもしれないが手は尽くすべき。
参考になりそうなのが読売新聞にあり、ジャーナリストの三上洋さんが書いたものがある。
ヨミウリ・オンラインhttp://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20161226-OYT8T50017.h...
ここでも文中の弁護士が、そもそも解決できるとは思えないことについて料金を取っていることから問題ではないかと指摘している通りで、
このことだけ追及するしかないと思います。
日本司法書士会連合会 司法書士会への苦情相談
http://www.shiho-shoshi.or.jp/consulting/claim.html
ここに相談すれば、解決に向けて前進するのではないか。

26 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/30(木) 16:40:09 ID:
12月6日に業務停止処分が終了する 三﨑恒夫弁護士に非弁業界の注目が集まっています
非弁提携事務所は基本的に債務整理・過払い金返金請求事案を行い、過払い金返還で稼いでいたのである。そのような中で、過払い金の返還を請求される側の消費者金融側から非弁業界への「転向」者が現れ、
顧客リストを元に「効率的」な集客を行い収益を上げてきたのである。ところが、過払い金市場が過当競争になり、さらに過払い金返還請求自体が、いわゆる「グレーゾーン」の廃止から10年以上経過し、
ほぼ請求できるような顧客がいなくなったことから、このような「欠陥弁護士」を飼っていた事務所は、特殊詐欺の「カモリスト」を元に、詐欺被害の返金請求などを手掛けてきたのである。真面目に、
返金請求を行っていたところもあるだろうが、中には「探偵を使って事実関係を調査しましょう」ともちかけて詐欺被害者からカネを巻き上げる事だけを目的にしていた連中も多い。そのような
連中の代表格が覚せい剤中毒者の非弁屋で、佐々木寛や笠井浩二の飼い主である「ホンマ」であろう。
さて、非弁業界の有名人である三﨑恒夫弁護士の業務停止期間が12月6日まである事から、多くの非弁屋・犯罪集団が三﨑弁護士に注目をしているようである。すでに業務停止終了後の「飼い主」
はお決まりなのかもしれないが、三﨑弁護士が過去に犯罪弁護士法人公尽会(解散)の残党や、同じく犯罪行政書士法人鷹友会と関係していた事から、業務停止終了後の三﨑弁護士の動きに
注目が集まっているのである。
独自の気風を持つ第二東京弁護士会は、しっかりと業務停止終了後の三﨑弁護士の事務所の移転などには注意をもって対応し、場合によっては指導監督連絡権を行使し、三﨑弁護士の行動を掣肘する
必要がある事をしっかりと理解し、事に当たって頂きたい。
https://kamakurasite.com/2017/11/29/%EF%BC%91%EF%BC%92%E6%9C%88%EF%BC%96%E6%97%A5%E3%81%AB%E6%A5%AD%E5%8B%99%E5%81%9C%E6%AD%A2%E5%87%A6%E5%88%86%E3%81%8C%E7%B5%82%E4%BA%86%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%80%E4%B8%89%EF%A8%91%E6%81%92%E5%A4%AB/

27 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/01(金) 17:23:02 ID:
ワンクリック詐欺司法書士事務所相談https://www.bengo4.com/c_8/c_1844/c_1072/b_547134/
無料動画と書かれた所を何回かクリックしてしまい、登録完了。24時間以内に18万払ってくださいと書いてました。私のID番号というのが書かれており、
焦ってそのサイトについて自分で調べたらかなり危険度大と書かれた業者だと書かれていたので、これはまずいと思い、調べてた所に無料相談と書かれていたので、司法書士事務所に
電話をして説明をすると、そのサイトは悪質でちょっと厄介ですと言われ、個人情報をどんな手を使っても調べようとするとこなので、それをされないようにする
必要があると言われ、電話で契約、ラインで運転免許証を送り、8万ほどかかると言われ分割支払いをお願いして最初の2万は払い、それから司法書士事務所から解決しましたと
連絡が来て安心してたのですが、知人に言った所それはおかしいよ、消費者センターに相談してみと言われ、相談すると相手に個人情報はもれない無視で良かったと言われました。
もうその司法書士事務所にはお金は払わないでいい、消費者センターに相談しましたといい払わないって覚悟でねと言われたのですが、司法書士事務所には個人情報がばれてるので
このまま最後まで払った方がいいのでしょうか?ぶーやんやんさん2017年05月02日 21時17分

中間 隼人 弁護士 神奈川 横浜 中区 弁護士ランキング 神奈川県2位ベストアンサー ありがとう 払う必要はありません。
個人情報については,それを利用して似たような業者から電話や手紙が来たりする可能性は否定できませんが,それも無視していれば問題ありません。 2017年05月02日 21時24分

ぶーやんやん さん (質問者)早速お返事頂きましてありがとうございます。
払わなくても大丈夫だと聞き安心しました。司法書士事務所にはファックスで消費者センターに相談しました、残りのお金は払う
必要がないと言われたと書いて送ります。ありがとうございました。 2017年05月02日 21時33分

28 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/03(日) 13:02:06 ID:
弁護士モラルの落ちた理由       鎌倉九郎2014年2月5日 10:27
2月1日付のMSN産経ニュースwestは「依頼人を訴える弁護士…詐欺、横領、怠慢、弁護士モラルはなぜ落ちたのか」として以下のリンクの記事を配信した。興味のある方は御一読願いたい。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140201/waf14020118000021-n1.htm
この内容はともかくとして、一般市民やマスコミ関係者は「弁護士倫理の低下」を実感しているからこそ、このような記事が配信されるわけである。そのぐらい「弁護士倫理の低下」は著しいという事である。 
そこで筆者が考える「弁護士モラル」に欠けている弁護士さんの事例を以下に紹介してみよう。
理念よりもカネが大事
このタイプはとても多い。カネの為なら何でもするという弁護士が増えたのである。反社会的勢力との結託にも何の躊躇もなく、詐欺師・犯罪集団と手を組む事も辞さない弁護士さんは多い。
簡単に「溶ける」
簡単に「カネ」や「オンナ」に溶かされる弁護士が増加したのである。とにかく誘惑に弱すぎる弁護士が多すぎるのである。
教養が無い弁護士の増加
本当に一般教養の無い弁護士が多すぎる。司法試験のみの勉強に偏り、様々な知識に欠けた方が多すぎる感がある。最近では民事裁判の資料にwikiなどを引用したり証拠として提出する弁護士も多いが、
この手合いは「原典」をほとんど読まないのだろうなと思う。法律の背後にある哲学が理解できない弁護士は弁護士業を廃業するべきであろう。
訴訟手続をよく知らない(忘れた)弁護士
整理屋に名義貸しをしている弁護士がたまに民事訴訟に登場すると、訴訟手続の流れをお忘れになっていたりして、裁判官が苦慮している事も多々ある。また様々な法律業務の手続を知らない
「即独」も多い、手続を知らずに「法務局でケンカ」する弁護士など、その最たるものであろう。
闘うことをアピールする弁護士達
何でも依頼者のいう事を聞くふりをして無理筋の主張をする無駄に「闘う」姿勢を取る弁護士も増加した。事実認定などされないような事を延々と主張する弁護士には本当に呆れるしかない。

29 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/08(金) 22:04:40 ID:
ありがとうございます
司法書士吉成聡先生ありがとうございます

30 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/09(土) 22:01:42 ID:
悪徳 高橋 嘉之
お前がHKHK軍団の崩壊招いた
このボケ! 
父 高橋敏美 母 高橋?? 妻 高橋(旧姓:市村)幸子
住所 東京都板橋区高島平3-11-5-802
電話番号
03-3975-6682 ※実家
080-5005-5499 ※携帯
http://i.imgur.com/Rjae0HX.jpg

31 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/11(月) 09:29:36 ID:
東司総発第259号平成29年12月8日 会 員 各 位
東京司法書士会 会 長 野 中 政 志
会 長 通 信( 第 3 号 )
師走の侯、貴職ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

非司法書士行為を防止するため、会員の皆さんに、情報提供のお願いをいたしま
す。非司法書士排除委員会において、事実関係の調査を行い、調査の結果、違反事
実が認められる事案については、警告や刑事告発等、厳正に対処します。是非、情
報をお寄せください。皆さんにご尽力いただいております申請書閲覧調査の結果に
関する対応についても、東京法務局に対し、改善を求めていきます。

32 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/12(火) 16:51:50 ID:
あとこの手の弁護士にできる事は「ハト」と呼ばれる被疑者・被告人への犯罪組織からのメッセンジャー役であろう。
「再び立ち上げる」事務所ではそういう業務は無かったようだが、他のセンセイ方にはそんな業務もあったようである。
いずれにしても様々な「能力」が「欠損」しているセンセイ方が「非弁提携」を模索する「事件屋」「整理屋」に狙われるのが真相なのである。
このような「能力欠損」している弁護士の「再教育」もしくは「退職勧告」を日弁連・各単位弁護士会は積極的に行う必要があるはずだ。
しかし、このセンセイ方はまだ罪が軽いほうだ。「社会正義の実現」を積極的に阻害する活動を行う一部の弁護士からしたら、まだましなのである。
自らの利得のために指定広域暴力団の元幹部と密接な関係をもち不動産ブローキングを行い、債務整理などの非弁提携案件を他の弁護士に
「振って」その上がりを頂く銀座の弁護士など、その代表格であろう。
振込め詐欺勢力のご用達の「おしゃれな街」の双方代理的業務も厭わない法教育に熱心なヤメ検のセンセイや、
反社会的事件屋と結託して依頼者の意思を無視して多額の債務を負わせる和解を行ったりするセンセイたちは「確信犯」として、
そのような行為を行っているのである。
このような「社会正義の実現」の真逆を行く弁護士の行状について、日弁連・各単位弁護士会は指導監督連絡権を行使する必要があると筆者は考えている。
弁護士としての主体性のない者達は非弁屋・整理屋・事件屋に買われて飼われるのである。このような弁護士達についてはしっかりと監督し、
更生させることも日弁連・各単位弁護士会の役割であろう。
しかし、自ら積極的に反社会的勢力と協力し、「事件屋」的な業務を行う「悪徳弁護士」達こそ、
法曹界から追放すべき存在なのである。

33 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/13(水) 09:50:58 ID:
【参考リンク】欠陥弁護士と呼ぶにふさわしい江藤馨弁護士(東京)が業務停止1年の懲戒処分を受けたのちに請求退会をしていました
 この江藤馨弁護士が最後に弁護士登録をしていたのが、所在地が東京都新宿区四谷1丁目7番地装美ビル5階の幸風法律事務所である。この事務所と全く同じ場所に、やはり問題弁護士であり懲戒処分を複数回受け、
事務所移転を繰り返す「渡り鳥」佐々木寛弁護士(東京)が事務所登録していることを弁護士自治を考える会が指摘している。
【参考リンク】「2017年3月今月の弁護士業界」 年度末懲戒処分ぞくぞく
 日弁連の弁護士検索によれば、佐々木弁護士の登録は確かに東京都新宿区四谷1丁目7番地装美ビル5階となっており、江藤元弁護士の登録先に移転してきたことが確認できる。 
佐々木弁護士は昨年の7月に足立区中川に事務所登録を変更していたばかりであるが、なぜ江藤元弁護士の登録先に移転したのであろうか?答えは簡単であろう、
江藤元弁護士を飼っていた詐欺集団に買われて飼われたのであろう。佐々木弁護士は過去にも「泥棒」駒場豊の同僚として東京千代田綜合法律事務所に在籍していたこともある。
この事務所を運営していたのも犯罪集団であった事から、佐々木弁護士も「カネに追われる」弁護士であり、簡単に「カネ」で転ぶことは明らかなのである。
東京弁護士会の会員登録の係は、江藤元弁護士の登録先に佐々木弁護士が移転したことについて何も気づいていないはずはないだろう。
適切に指導監督連絡権を行使しなければ多くの国民に被害が発生する可能性があることを認識していただきたい。

34 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/14(木) 15:27:47 ID:
依頼者から金だけ取って何もしない。
詐欺師になります

司法書士ならやめましょう

35 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/16(土) 11:23:37 ID:
0120303480/0120-303-480の口コミ掲示板
口コミを書く
https://www.jpnumber.com/freedial/numberinfo_0120_303_480.html
電話番号0120303480/0120-303-480の事業者詳細情報
事業者情報更新
事業者名称 東京渋谷司法書士事務者
業種 司法書士
住所 東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル202
問い合わせ先 0120303480
匿名さん
2017/12/13 15:46:59 削除依頼
お金全部払った報告したのですが連絡無いですね。お忙しいのでしょうか?
匿名さん
2017/12/13 14:21:49 削除依頼
名前も電話番号もちょこちょこ変えて警察から逃げてるんですよ!!

36 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/20(水) 04:32:31 ID:
よろしくお願いいたします 東京渋谷司法書士事務所
吉成聡先生ありがとうございます

37 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/21(木) 09:47:43 ID:
国民消費生活センターとは http://d.hatena.ne.jp/csc3/20090207/1313989374
まずは消費生活センターに相談してください。私達は対応は辛口ですが、実はかなり頑張っています。
センターに相談すれば情報は行政処分権限のある担当機関等に知らされます。センターで解決できないものは、
他所でもそう解決しません(センターが解決困難以外の理由で入らなかった場合を除きますが)。
明らかに悪質な業者による不当な契約であっても、消費者からの要求、立証の困難さ、業者側の知恵、法律など制度の壁…いろんな壁にぶち当たりながらも解決に導いています。
確信犯的な悪質な業者からコンプライアンスに意識をもちつつある業者まで数多くの業者と関っています(その情報は行政処分などにも役立ちます)。
センターは、「事業者と消費者間」のトラブルにおける消費者に対して、消費者関連の法令や条理を使って、「情報量や交渉能力について業者に劣る消費者」を
「援助」が事実上主たる業務になっています。(「援助」とは助言や斡旋交渉や関係機関の紹介です。それは弁護士さながらの専門知識だったり、嫁さながらの
身内のような情緒性だったり、人生経験に基づいた度胸や知恵だったりします)。そして消費者行政のための、国や地方自治体の情報収集機関でもあると思っています。
すべての相談と結果は国民生活センターに報告され、パイオと呼ばれるネットワークを通じて全国のセンターに共有されます。
(今後各事業者を行政指導などで監督する省庁も一部閲覧できるようになっていきます)
国民消費生活センターに消費者問題の情報提供することは今後の消費者行政に大きな意義を持ちます。
消費者としての力を伸ばせると同時に、1割以下とは言えセンターが斡旋に入ると判断した場合なら、
高確率で(全額返金などは難しくても)何らかの解決、合意がなされるからです
ほとんどの相談員は消費者契約法、特定商取引法などの法律については資格を持ち、研修を受けたり新しい情報を提供されたりしてエキスパートです。
その上、なにより斡旋権限(実体は事実上の交渉権限)もあります。また、私たちの使う全国に繋がるセンターの持つ相談情報、解決情報は膨大で、
それも非常に有効に活用しています。(内容は消費者には非公開ですが)。

38 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/21(木) 17:44:01 ID:
・東京都内に法律相談窓口(コールセンター)を設置し、非弁行為を行っている事務所に仕事を紹介
・神奈川県川崎市在住(詳細な身元が判明)
・探偵事務所と非弁提携弁護士事務所が共謀し、不正に住民票の交付を受けて個人情報を入手・販売を指示
・過払い金請求、残業代請求などで返還のあったおかねを依頼者に満額返さず着服。または、一部のみ返す形で無理やりサインさせ着服。(業務上の詐欺・横領にあたる行為)警察は
旧山本法律事務所及び御苑法律事務所から過払い金請求のあった依頼者情報を消費者金融に開示請求し、満額が返されているか実態調査するべきである。
また、覚えがある被害者は必ず警察署または、弁護士会の非弁提携窓口に通報してください。被害が拡大しています。
この中で指摘されているコールセンターは、消費者金融から持ち出した名簿を元に「アポ電」を掛けていたようであり、当時の「ホンマ」の
支配下にあった欠陥弁護士たちに顧客をあっせんしていたようである。
住民票の不正取得は、亡くなった山本弁護士の事務所で組織的に行っていたことは判明している。また着服行為は日常的であったようである。
この「ホンマ」は、このような犯罪行為を行いながら蓄財を行い、覚せい剤に溺れているのである。この「ホンマ」がそんなわけでまともに仕事ができないので、
「ゴーダ」という番頭格の人間が、「ホンマ」配下の非弁屋の取りまとめをしているようである。
懲戒処分の事前公表がなされている佐々木寛弁護士(東京)とのトラブル解決をネタにアポ電を掛けている詐欺集団はどう考えても「ホンマ」の関係者であろう。
こんな犯罪者を放置することは許される筈も無い。東京弁護士会は、早急に「ホンマ」の支配下にある御苑法律事務所(弁護士笠井浩二)と佐々木法律事務所
(弁護士佐々木寛)に対して指導監督連絡権を行使して頂きたい。https://kamakurasite.com/

39 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/21(木) 22:18:42 ID:
カーナンバー函館33062-36,50065-65思考盗聴犯
函館2億円録音編集偽造文書作成犯飯島思考盗聴犯
函館富岡3丁目15-6富岡荘住人思考盗聴犯

40 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/24(日) 16:26:24 ID:
アダルトサイト対処相談で詐欺急増…検索を悪用 http://www.yomiuri.co.jp/national/20170423-OYT1T50020.html
東京渋谷司法書士事務所 司法書士吉成聡さんよ あんたの事だよ もうすぐだ 待っていろよ・・・非弁提携
2017年04月24日 07時50分 ・・闇金やフロント金主に飼われる下請け司法書士吉成聡・・正体はバレているよ
 アダルトサイトの架空請求の解決をうたう探偵業者によるトラブルが急増していることを受け、京都府警は22日、対策などを学ぶ講座を京都市上京区の府警本部で開き、
約30人が参加した。 府警は今月10日、東京の探偵業の代表者ら3人を、アダルトサイトに関する相談をしてきた男性から金をだまし取ったとする詐欺容疑で逮捕。業者は、
インターネットの 「検索連動型広告」を悪用し、「消費生活センター」などと検索すると業者のサイトが広告として表示されるようにしていた。
 講座では、府警サイバー犯罪対策課の吉岡竜之介警部補が、4月に京都府内の高校生232人を対象に実施したアンケートについて紹介。架空請求の対処法として11%が
「ネットで検索する」と回答し、うち54%が検索結果の上位5サイトを閲覧すると回答したという。吉岡警部補は、探偵業者や司法書士が公的機関に似せたサイトを開設し、
検索で上位に表示されるようにしているとした上で、「サイトをしっかり確認し、料金を請求されても支払わないでほしい」と呼びかけた。  参加した長岡京市の無職男性(65)は
「ネットの恐ろしさを改めて感じた。今日学んだことを地元でも伝えていきたい」と話した。
2017年04月24日 07時50分  東京司法書士会消費問題委員会にもバレているよ

41 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/26(火) 16:12:38 ID:
神奈川県弁護士会の注意喚起だけでは、この詐欺行為の態様の全ては理解できないが、もしも弁護士法人クローザー法律事務所の元依頼者らに対して
請求行為をおこなっているのであれば、明らかに同事務所の顧客リストを持ち出した者達の犯行であろう。このような行為に対して
神奈川県弁護士会は毅然とした対処を行うべきであり、絶対に許してはならない犯罪であろう。
過払い金返金請求で非弁提携行為が大増殖して以降、反社会的勢力が大量に弁護士業界に流入し、犯罪的な弁護士業務を行う者らが大量発生し、
弁護士法人公尽会(解散)潮総合法律事務所(崩壊)佐々木法律事務所(東弁佐々木寛 現在懲戒処分の事前告知中)西池袋法律事務所
(二弁 諸永芳春 元弁 吉永精志)のような連中が国民に害をなし続けているのである。
今回のクローザー法律事務所の名を騙り詐欺行為を繰り返す連中もおそらくは非弁関係者であろう。神奈川県弁護士会は、
その面子にかけても、このような詐欺行為をおこなうバカ者どもをしっかりと告発する必要があるはずだ。

42 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/27(水) 14:45:02 ID:
ダイヤモンドオンラインの記事は極端であるが、弁護士の数が少なく弁護士に依頼すると「大金が掛かる」と考えられていたころには、
弁護士の喰いっパグレは少なかったであろう。その後の弁護士報酬の自由化、広告の自由化で、「サルでもできる」債務整理・過払金返還請求は過熱し、ヤミ金あがりが
弁護士業界に参入してきたり、「ホンマ」のような消費者金融出身の人物が顧客リストを持ち出して過払金返還請求の直接勧誘をおこない莫大な利益を上げて覚せい剤中毒になった事から見れば、弁護士業界は
「正義」よりも「カネ」を追いかけ、また「正義」を求める余裕がなくなってきた弁護士たちは進んで「ホンマ」のような犯罪者に「飼われる」事を選ぶようになったのである。
このような変化と同時に、国民の意識にも変化がありわずかなトラブルを「カネ」に換価しようとする意識を持つものが急速に増加したのである。少し怒鳴れば、「脅迫」「パワハラ」と騒ぎ、飲食店や販売店で「俺は客だ」
と偉そうに振る舞い、少しでも気に入らない事があれば「謝罪」を要求し暗に金銭を請求しようとする見苦しい人間が増加したのである。こんなメンタリティーの依頼者を相手にしたい弁護士は少ないだろうが、
「食えない」弁護士や「カネに追われた」弁護士、あとなんでもいいからカネを払ってほしいと考える弁護士らは、こんな連中の話を聞いて小銭をもらい無理筋の話をすることになるのである。(カネだけもらって何もしない者も多い)

43 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/31(日) 18:00:10 ID:
呼び屋が呼ぶ懲戒弁護士 非弁提携事務所は、弁護士が業務をほぼ行わず、事務員が処理をすることが多い。債務整理事案などは引き直し計算を行い、債権者らと交渉するだけなので基本的に法律知識はいらないので、
過払い金返金請求が確立したころからヤミ金や、サラ金上がりの連中が欠陥弁護士を飼って「営業活動」を積極的に行ってきたのである。
 SFCGや武富士などの会員名簿を元にNPOなどを利用して「客集め」を行い、過払い金の奪い合いをしていたのである。過払い金の前には「債務一本化」の広告で客集めをした「紹介屋」「送り屋」が客に
「あなたの信用状態では融資は無理だから弁護士に債務整理を依頼したらどうか?」と誘導し、弁護士に客を送り込んでいたのである。
こんな連中が必要としているのが、自己の意思を持たない「ハンコ屋」(単に職印を押すだけ)に徹してくれる弁護士である。そんな「ハンコ屋」弁護士にも必ず裁きの日は訪れる。
良い例がNPOと結託して客集めを行って弁護士法違反(非弁提携)で有罪判決を受け弁護士資格を喪失した吉田勧であろう。この吉田元弁護士を流れをくむのが弁護士法人サルート法律事務所である。

44 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/01/01(月) 10:38:23 ID:
ワンクリック詐欺 司法書士 着手金振込お手数をかけますが、よろしくお願い致します。
[背景]成人女性です。1週間前にワンクリック詐欺にあい詐欺のサイトに表示された東京渋谷司法書士事務所
サポート番号に連絡し、自分の携帯番号と名前を伝えてしまいました。恐怖のあまりネット検索で出てきた
司法書士の事務所に電話し着手金を振込み、運転免許証をLINEで送りました。
その後、対応頂き、ご依頼の件無事完了しましたとLINE報告。どのような内容だったのか、名前と携帯番号だけバレたのか確認したいと連絡したところ、
名前と携帯番号だけで住所などの調べはついてないので安心して下さい。と事務員の方と電話ではなしました。のちに郵送で完了通知書が届きました。
依頼者名000-0000-0000電話番号0120-303-480からの1退会の手続き2ご請求及び取消3個人情報の削除完了日以降、
上記業者からのご請求及び連絡が入った場合は無償にてご対応させて頂きます。
とくに電話はかかってきませんが、SMSで有料動画履歴があり…のメールが1通届きました。もちろん無視してます。
[相談]①こちらの司法書士が詐欺グループと癒着してるのではないかという不安。
・司法書士のサイトが広告記事が多くホームページがない。 ・悪徳商材として別の記事があり電話をしても事務員しか出ない。
②癒着してる場合、支払った着手金を元に契約したと言われ、高額請求をされないか?
③他の業者から連絡が来ないか。 ④さらに運転免許証という個人情報の流出や自宅や会社への連絡などが来る可能性はありますか?
⑤今後自分はどうしたらよいでしょうか。(電話番号の変更など) (補足:司法書士事務所に報告した内容)
 ・自分の情報:電話番号、運転免許証 ・詐欺のサイト:偽登録ID、電話番号 https://www.bengo4.com/c_8/c_1844/c_1072/b_521844/
恐怖のあまり非常に慌ててしまい後悔ばかりです。色々調べ混乱しています。 着手金は戻らないと思うのですが、今後のことが不安でたまりません。何もかも信用できない気がしてます。
警察に被害届けを出した方が良いでしょうか。ご教授いたたげればありがたいです。よろしくお願いいたします。

45 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/01/02(火) 09:45:22 ID:
https://www.bengo4.com/c_8/c_1844/c_1072/b_398570/司法書士事務所にお金を払ってもいいのか?2日前、間違ってワンクリック詐欺らしきサイトにアクセスしてしまいました。
アクセスしただけで登録完了の画面が出ました。登録解除は電話をかけるしかないとあり、ワンコールですが電話をかけてしまいました。(かけなければ画面が変わりませんでした)
直接相手とは話しはしていません。今現在、携帯電話に登録されている番号以外は着信拒否にしています。それらしいところからの着信はありません。
ある法務司法書士事務所にメールで相談しました。アクセスした段階でIPアドレスが抜かれる。
これで個人情報の特定がされる可能性がある。ワンコールであろうとサイト側に番号を伝えてしまったことで、請求がくる可能性がある。
無視することが対策とネット上ではよく書かれているが、無視したがために遅延料が発生している被害もある
と連絡が来ました。その司法書士事務所は、サイト側に私の個人情報を削除するように交渉する。そのための着手金に40000円かかり
入金されしだい交渉に取りかかるとのこと。また委任契約書を送るので住所等を教えてくれと連絡があり、教えました。着手金はまだ払っていません。
質問は、①上記のような司法書士事務所を信頼してよいか②お金を払えば個人情報の削除が本当にできて解決するのか
③着手金は払わずこのまま無視したほうがいいのか。払わなかった場合、司法書士事務所から支払いの催促が来ることはあるか
④司法書士事務所がサイト側と交渉することで、さらに情報が漏れてしまうことはないのかお聞きしたいです。あきしまさん2015年11月07日 09時59分

46 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/01/07(日) 15:26:03 ID:
詐欺被害者を二重にだますネット広告に注意!2016年12月26日 11時05分
 ワンクリック詐欺やアダルト詐欺サイト被害者を、さらにだますネット広告が問題になっている。探偵業者などが「無料相談」「返金可能」と広告を出しているものだ。
国民生活センターに相談が多数寄せられている。(ITジャーナリスト・三上洋)
「ワンクリック詐欺」でGoogle検索すると探偵業者や司法書士事務所の広告
Google検索で「ワンクリック詐欺」を検索したときの広告。探偵業者や司法書士事務所の広告が表示される
 画像は、Googleで「ワンクリック詐欺」で検索したときの結果表示だ。三つの広告が先頭に表示されており「無料相談で即日解決」「請求トラブル専門窓口」
「消費者相談センター」などと書かれている。詐欺にだまされた人は、焦って電話してしまうかもしれない。
 しかしこの広告、実際は探偵業者や司法書士事務所のもので、国民生活センターとは何の関係もない。「調査料」「契約取り消しの交渉」などしてお金を取る
探偵業者や司法書士事務所の広告なのである。根本的にできないことなのに、「返金交渉をする」「請求を止めさせる」と広告することは、詐欺に近い行為だと言えるだろう。
司法書士による「アダルトサイト被害解決」も使わないこと
 国民生活センターの注意喚起にはないが、司法書士事務所による「アダルト詐欺サイトのトラブル解決」をうたう広告もある。司法書士が悪質業者との間に入って
「解決する」との広告だ。相談は無料と書いているが、ウェブサイトの下に「着手金:1件につき0円~40,000円(税込)」との表記がある。
 筆者はこの司法書士事務所に電話をかけてみた。すると「業者に対して、契約を無効にする手続きをします。料金は4万円です」とのこと。司法書士にそんなことができるのか?
と聞いたところ「代理権があるので大丈夫です」と回答してきた。 これについて前出の落合洋司弁護士は「140万円以下であれば司法書士でも交渉はできる。
しかし実際問題として、アダルト詐欺の犯罪グループと交渉し、無効にすることができるとは思えない。実効性のない仕事であり、それでお金を取ることは、社会通念上問題があるのではないか」と述べている。
 前述したように、アダルトサイト詐欺を「解決する」「請求を止めさせる」ことは事実上不可能だ。それをできるとうたう司法書士事務所は、筆者としては信用できない。司法書士事務所だからといって、
信頼しないほうがいいだろう。司法書士事務所の「アダルト詐欺解決」の広告は信用しないhttp://www.sv15.com/ あんたの事だよ 東京渋谷司法書士事務所 司法書士吉成聡さんよ 迷惑かけんなよアホ

47 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/01/23(火) 17:12:56 ID:
非弁提携と悪徳広告屋
過払い金返還請求が下火となり、いわゆる通常の弁護士業務ができない「過払い屋」などは必至に広告で残り少ない過払い金返金請求のパイを奪い合っている状態だ。
広告の中には自画自賛をするために広告屋が作る口コミサイトや、「法律相談所」という名称で匿名で過払い金の内容を診断するという極めていい加減であり、
筆者には非弁提携としか思えない弁護士マッチングサイトも多数存在する。
このような悪徳広告屋が運営する事務所は、過払い金などの使い込みは日常的に行われており、依頼者に返還された過払い金の額などを正確に報告せずに、
少なく申告したり場合によっては、まだ債務が存在するから弁護士事務所管理で返済するから、弁護士の預り口に弁済原資を支払えなどと、言ってカネをフトコロに
入れてしまう弁護士(非弁屋)も存在するのである。こんな悪質な弁護士事務所を見分けるコツは以下のとおりだ。
・24時間対応とか深夜まで対応という事務所は要注意、普通の弁護士なら法廷などを抱えており、そんな対応は不可能。
・異常に弁護士事務所を賛美する口コミサイトは、いわゆる「サクラ」の可能性が高い。
・経験豊富・弁護士経験○十年とアピールする弁護士は怪しい。なぜなら、そんなにキャリアがあるのであれば、紹介者からの依頼で充分に食えるのが普通。
・相談時に(電話・メール・面談を問わず)異常に依頼者に迎合する弁護士は「着手金」だけが目当ての可能性が高い。
まぁ、いまどきはネットで専門性をアピールしたり「親身な対応」を売りにする弁護士事務所が多いが、そんなことで問題を解決できるはずもない事は
依頼者も理解しておくべきだろう。筆者のところにも覚せい剤中毒者の「ホンマ」が、様々な非弁行為を業とする広告屋とも結託しているとの情報も寄せられている。
弁護士の広告は所詮は「広告」でしかない事を弁護士選びを検討している人は、しっかりと理解しておくべきだろう。https://kamakurasite.com/

48 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/02/09(金) 03:48:00 ID:
いろいろと役に立つPCさえあれば幸せ小金持ちになれるノウハウ
知りたい方だけみるといいかもしれません
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

K9XC7

49 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/04/14(土) 09:46:46 ID:
被処分者 高橋弘 http://www.tokyokai.or.jp/doc/discipline/79.pdf
Jan. 2nd, 2018 11:21 am 掲載日 2018年12月28日
司法書士懲戒処分公告
下記の者については、司法書士法(昭和25年法律第197号)第47条第3号の規定に基づき、
平成29年12月20日から司法書士業務の禁止の処分を行ったので、同法第51条の規定に基づき、公告する。
東京法務局長 秋山仁美
氏名 高橋弘 所属する司法書士会 東京司法書士会
登録番号 東京第3601号 事務所の所在地 東京都新宿区高田馬場一丁目33番6号
違反行為 預り金の流用
遺言執行者として平成25年3月 2000万840円を第三者へ貸付して流用した。
・・
自己の占有する他人の物を横領すると、(狭義の)横領罪が成立する(刑法252条1項)。
業務上横領罪との比較から単純横領罪と呼ばれることもある。 他人の物を委託関係に基づいて占有する者のみが
犯すことのできる身分犯である(真正身分犯)。 法定刑は5年以下の懲役である。・・・
業務上横領罪
業務上占有する他人の物を横領すると、業務上横領罪が成立する(刑法253条)。占有が業務であることで刑が加重される身分犯であり(不真正身分犯)、
基本犯である単純横領罪が真正身分犯であることから、真正身分犯・不真正身分犯両方の性質を有する複合的身分犯である。
法定刑は10年以下の懲役である。 (窃盗罪とは違い、罰金刑はない)

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼