【IT】PHP技術者認定機構、「PHP7技術者認定初級試験」を2019年2月に開始

1 ノチラ ★ 2018/06/11(月) 21:00:59 ID:
一般社団法人BOSS-CON JAPANは4日、BOSS-CON JAPAN内組織のPHP技術者認定機構が、「PHP7技術者認定初級試験」を2019年2月に開始すると発表した。

 PHP技術者認定機構は、オライリー・ジャパン、ニフティ、日本マイクロソフト、NTTコミュニケーションズによる特別協賛のもと、2011年2月1日に設立したPHP技術者認定試験を運営する一般社団法人。PHP技術者認定試験は、オライリー・ジャパンが出版した「初めてのPHP5 増補改訂版」「プログラミングPHP 第3版」を主教材および出題範囲としており、匿名論文審査方式を採用した最上位資格審査「ウィザード」も実施している。

 BOSS-CON JAPANでは、現在最も利用されているPHP 5.6が2018年12月31日でセキュリティサポート終了となり、今後はPHP 7が主流に変わっていくことから、PHP 7をマスターした技術者をより多く輩出するべく、PHP7技術者認定初級試験を実施するとしている。

 PHP7技術者認定初級試験は、全国のオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンターで、2018年2月1日よりほぼ一年中実施する予定。また、8月からベータ試験を実施する。設問数は40問。試験時間は1時間。合格ラインは7割正解。出題形式は選択式(複数または単一選択)。受験料金:1万2000円(税別、学生および教職員は50%オフでの受験が可能)。主教材はオライリー・ジャパン刊「初めてのPHP」。
https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1125468.html

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼